FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
九条提案者を幣原からマッカーサーに入れ換える歴史改ざん
 今日の東京新聞一面トップは小学館学習漫画「少年少女日本の歴史」が書き換えられていたという話です。1981年発行の本書では憲法九条を提案したのは当時の首相幣原喜重郎であると書いてあったのですが、94年の第35刷ではマッカーサーであったと書き換えられているというのです。
 提案者が幣原であったということは結構信用度が高い資料からそういわれてきました。さらに最近、動かしようがない史料が出て来たと、東京新聞は報じました。どちらが言おうと九条の歴史的価値は変わりませんが、押し付けられたから改憲するとなれば話は別です。そのような事実はないわけですから。ここでも歴史改ざんの闇の手が動いています。

     九条をマッカーサーの手柄とし
             ほまれ捨てても改憲狙う

 川柳にすれば     
             九条をマッカーサーの手柄にし

 今日も良い天気でした。退屈そうにしている次郎に、つい「散歩に行こう」と言ってしまいました。気付いてみるとどうしても「ハンティング」モードに見えてしまいます。ぼ~も遠くを見ることがよくありましたが、私には次のように見えたのです。

     真実の欠片を観たか犬の顔
             遠くを見詰め憂いを含む

 というのは、ぼーは、じーと、遠くを見ていましたが、次郎は「じーと」ということもありますが、きょろきょろでもあるのです。動くものを見過ごさないという風なんですね。今日は田んぼの中にモグラの巣でも発見したのでしょうか、前足で一生懸命穴を掘っていました。

     ペットでも犬を生き居るハンティング

 私は俳句の種を探しているのですがね。そうして一句

     切株の穂から飛び出す軍バッタ
スポンサーサイト



コメント
コメント
AF冠者さんへ
 押し付けられたという言い方が、当時の政治家を、現政権は侮辱しているということに気づかないのでしょうかね。愚かです。AF冠者さんが仰るように、しっかりとした審議を当時の国会議員たちはやったのだと思います。そう思わないならば、現議員は憲法改正を軽い気持ちでやろうとしていることを白状しているようなものです。自分は軽い気分で憲法を異性を考えているから、当時の議員もそうだったんだろうと思う、そう思われても仕方がありません。
 原発輸出も武器輸出も恥を知れと言いたいですね。
2016/11/07(月) 12:43:39 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
美代子さんへ
 幣原が言い出したことだと、歴史学会は認定するべきです。そう確定する史料が幾つか出てきました。これで、幣原提案と確定しなかったら、今、史実と言われていることの多くも疑わなければならないでしょう。
 私たちは、つい、戦前と似てきたと言ってしまいますが、正確には、独裁政治の属性を安倍政権が次々獲得しようとし裏に表に、政策化していることです。教育の支配、報道への圧力、支配層との一体化、安全保障上の脅威の強調などです。これらの属性はいつの時代も独裁制につきものなのです。戦前・戦中は独裁制ですから、似ているのは当然というふうに表現する方は正確です。
 先日、ぼーの写真を見て、情けない話ですが、泣けてきました。ペットレス症候群に陥っていたことを証明してしまいました。
2016/11/07(月) 12:36:24 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
ねじまげる
憲法制定前後の衆参両院の討議は深夜まで及んだと読んだことがある。官邸と悪いやつらは己の都合のいい方向に持っていこうとする。
ベトナムの原発建設が予算の関係で先送りとなり日本のメーカーが地団駄踏んだと。福島原発に毎年なん兆円も廃炉費用がかかるというのに輸出とは・・・・
2016/11/07(月) 08:41:36 | URL | AF冠者 #ErotiftQ [ 編集 ]
 歴史ってどこまでが真実なのでしょうね。聖書でさえかなり改ざんされていると言います。どちらが言ったにせよ九条は守らねばなりませんね。「岸壁の母」の歌を聴くと、戦争だけは何としても避けねばという思いが強くなります。世の中全ての母親の気持ちでしょうね。
 次郎君のヤンチャぶりが可愛いですね。いかにも男の子って感じです。ぼー君は、どこか哲学者みたいなところがありましたよね。懐かしいですね。
2016/11/06(日) 23:06:10 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック