FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
俳句仲間
 俳句を始めて、六年目になります。最初の二年でしたか、市民講座俳句に加わり、人生の先輩たちに俳句も教わりました。
 行かなくなった理由は、市民講座は市からの依頼で、やっているんですね。彼らは句会を組織しています。それに加わるように奨められましたが、土曜日開催ということで、サタデースクールと重なり参加ができなかったわけです。次第に分かってきたのは、ついでにやっている市民講座であるということです。とうとう、行ってみたら、二人しかいません。しかも先生も忘れていらっしゃったんです。お近くなので、先生は遅れていらっしゃいましたが、結果、私入れて4人の会と相成りました。それ以来顔を出さず、新年度、受講申し込みを止めました。
 というわけで、一人で俳句創っています。しかし、句会には参加した方が良いと実感しています。知人に、俳句始めようと誘っていますが、誰も応じてくれません。ですが、一つ方法があると言えばあるんです。それは、千葉日報社の「読者文芸」欄で、よくお見掛けする匝瑳市在住の方々です。私のように、一人で創り、投句されておられる方が何人かいらっしゃいます。彼らを誘うという手はあるんです。が、群れること嫌う結果の一人創作である可能性が高いです。二の足を踏むんですね。
 もう一つ、根が怠け者ですから、いついつまでに何句作らねばというのが嫌なわけです。時間に追われる生活を三十年以上やってきたので、もうそれからは解放されたいわけです。それでも今年は、駄作ばかりですが、今日までに163句創りました。ではご紹介!!


     秀麗や犬の激走光り増す

     買いたてを気取って歩く秋帽子

     秋深し静脈青く手のひらに

     静けさにさみしさ加う秋の雨

     秋曇田には謙虚な生命たち
                いのち
スポンサーサイト



コメント
コメント
 AF冠者さんへ
 おっしょることよくわかります。実は、句会に入りたい仲間が欲しい、と言いながら、今のままの方がいいという自分もいるのです。
 しかし、私は同僚に恵まれたこと多く、俳句でも、仲間が欲しいとつい思ってしまうんですね。ですから、教師仲間を俳句に誘っているんですが、これが全く反応がないんです。残念です。
2016/11/01(火) 11:45:46 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
美代子さんんへ
 ありがとうございます。俳句は名誉や欲でやるものではない」肝に銘じます。
 私は教師という仕事を通して、同僚や生徒と人生の話をしてきたように思います。結構深い話です。しかし、今その仕事から離れてしまいました。俳句がその代りになると私思っているんです。
 それを教えてくれたのは市民講座のおばあさんたちです。別に難しい話をするわけではないのですが、俳句を作った時の気持ちを話される彼女から、その人生が、生き方が伝わってきました。それはいとおしいほどの実直で、堅実なものでした。何お飾りもありません。それが魅力で、二年続けたような気がします。彼女らこそ、俳句を文化にしているとさえ思われてきます。
 今日、市の広報誌に載った彼女らの俳句をご紹介しましょう。

 ばった跳ぶ己の影を置き去りに

 くもの巣に珠ちりばめて秋の雨

 虫の音や湯船の底に届くまで

 子育てに老いの教えや竹の春
2016/11/01(火) 11:41:02 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
独詠
文芸全般に言えるかどうか定かではありませんが、経験からいえば結社の属するということは難儀なことです。作品の締め切りなど才能が後からあとから湧出される方は苦にならないでしょうが、拘束されるような感じがして一種のストレスを生みます。趣味の範囲ならば投稿が楽しみの域であると思いますが・・・
2016/11/01(火) 11:28:27 | URL | AF冠者 #ErotiftQ [ 編集 ]
 スキップさん、そうでしたか。俳句の世界というのは実に厄介なんです。社会人としてある程度出世した人などは手に負えないですよ。仲間に対しても命令口調ですからね。文章もいつも上から目線です。私などは「知能が低い」とか、「俳句のレベルが低すぎる」とか書かれてるんですよ。しかし、彼らは基礎をバカにして学んでないので、まともな句を創ることが出来ないし、理解も出来ないんです。それでも後藤先生を悲しませることが出来ないので、黙って耐えていますが。。。後藤先生ご自身も、現代俳句協会から酷い虐めに遭っています。実力が飛びぬけて高いですから、鬱陶しがられているんでしょうね。あれだけ俳句のために尽くされたのに、名誉会員にさえ名前が残っていません。先生は「俳句は名誉や欲でやるものではない」ときっぱりと仰るので、私もその姿勢を学ばせて頂こうと思っています。大変な先生です。
2016/11/01(火) 00:24:52 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
美代子さんへ
 先生と合わず、喧嘩する、ありがちなことではないでしょうか。
 私はしませんでしたが、先生が好きになれないタイプの方だったんですね。それもありました。まあ、それはいいんです。致命的だったのは№2を気取る70代の男性が、おばあちゃんたちを叱るんですね。「文語調なのか口語調なのか決めろって言っているじゃないですか」「575になっていませんよ」そんなことです。しかも私に言わせれば、その方が一番つまらない俳句を作るんです。むしろ、おばあさんたちの方がすぐれているんです。その彼の存在と言動が見るに堪えないということです。私の後に、65歳ぐらいの男性が市民講座生として参加するようになりました。がプライドを傷つけられて、数回で来なくなりました。私などは「鶏頭」って何ですか、という初歩的な恥ずかしいことをっきましたが、彼は馬鹿にしなかったんです。私が高校教師だったからとすぐにそう思いました。そんなことが続き、嫌気がさしました。
 私は気心知れた仲間と俳句をやりたいのですがね。褒めたり、けなしたりして大笑いしながら。俳句は生活詩ですからね。俳句を通じて様々な話に進展することになり、一緒に生きているという自分になれ成すよね。
2016/10/31(月) 20:52:30 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 スキップさん、俳句は、力のある先生に個人添削をお願いするのが一番早いと思います。句会だけでは限界があるような気がします。とは言っても簡単には見つからないと思いますが。。。俳句誌に入会すると、何かと縛られるんですが、勉強にはなりますね。しかし、人間関係が大変ですから、あまりお勧め出来ませんが。。。でも才能は十分におありになると思うので、何とか続けて頂きたいです。料金を取って添削を仕事としている方もいますが、その先生と合わず、喧嘩して止めてしまったという人がいました。笑。
2016/10/31(月) 18:43:29 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック