FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
金持優遇税制
 高層マンションの最上階が一番販売価格が高いことは知られています。縁がない自分も知っていました。しかし、広さが同じであれば、一階も最上階も、固定資産税額が同じとは知りませんでした。この税金額は資産価値に比例させることになっているはずです。ならば、最上階の固定資産税は高額でなければおかしいわけです。
 ということもあり、それを改正しようという話が出てきたと今朝の東京新聞は伝えています。ここにも金持ち優遇税制は貫徹していることに驚き、理不尽を感じました。

     高層階の税雲の上の話


 南スーダンの政府軍と反政府軍の戦闘は続いているようです。なんと、政府軍が民間宿泊施設を襲撃、地元記者を殺し、女性らに暴行を加えたとの記事があります。PKO部隊に救護出動命令が出ましたが、出動を拒んだということで批判されているようです。現場までの間に戦車を有する政府軍数百人がいたことを危険と判断したとのことです。
 アムネスティは市民が殺されるのを傍観した失態を批判したそうですが、可笑しなことです。出動を要請された中国・エチオピア兵士の命と人権をこの世界的人権擁護組織はどう考えているのでしょうか。
 政府軍が国連職員が多くいた民間施設を襲ったのは、国連が反政府軍を支援しているとの疑念を持っているからだそうです。PKOが絶対の正義ではないということです。当たり前のことです。そこのところを踏まえての自衛隊による駆け付け警護行動の付与なのかが国会で論議されたのでしょうか。国民にも周知されていることなのでしょうか。「安保法制」「積極的平和主義」の危うさがこの記事に現れ出ています。

     国連軍たじろぐ程のジュバの乱
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 私も、高層マンションはもちろん、マンションそのものに住みたくないです。個人のもののようで、そうではないですね。そこが面倒くさいですからね。建て替え、修繕、なかなk、利害が一致しないのではないでしょうか。
 しかも高層マンション、地に足が付かぬ生活は不安定であり、健康に良くなさそうで不安です。私今までに、三階以上に住んだことがありません。それも三階に住んだのは3年間だけです。旧社宅であった民間賃貸マンション、5階の三階でした。
 船橋駅近くの高台夏見台の南渕にあり、景色がよかったです。すぐ下は大きな農家の屋敷で、500坪はあったのではないでしょうか。草木がいっぱいの庭を上から鑑賞できました。もちろん、日当たり良好、今思えば素晴らしい住環境でした。買い物も、東武・西武デパート、イトーヨーカ堂、大きな商店街、飲食店も多種。多様でした。
2016/10/28(金) 12:25:41 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 高層マンションの最上階の資産価値が一番高いとは知りませんでした。どんなに景色がよくても、私は住みたくありませんもの。笑。大きな災害が起きると、電気が止まりますが、これが地獄の始まりとか。。。水道、トイレ、エレベーター、ETC. 冗談ではなく餓死の心配もあるそうです。確かに階段の上り下りを考えたら救助の手も届きませんからね。 それに地震のときは家具の移動が半端でないので、圧死することもあるようです。資産価値があるんですかね。笑。税金は一般住宅と比べるとかなり安かったですが。。
2016/10/27(木) 17:55:28 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック