FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
雨降りはいろいろ思い出させる
 雨が続きます。ゆえに、交通安全協会の仕事が二つ中止になりました。家に閉じこもる日が多かった今週です。そうすると、つい居眠りをしたり、ボーとテレビを観たり、二度も風呂に入ったりと、しゃきんとしません。過去を想ったりもしました。
 そんな中、大学時代の恩師のことが次々と思い出されました。哲学の市井三郎先生、自分はタバコを我慢できないから授業中も吸う。だから、君らも我慢しなくいいよ、とおっしゃるんで、私も吸いました。今なら考えられない光景ですね。女子学性も多かったのですが、誰も苦情を言いませんでしたね。我慢していたのではないでしょうか。それどころか、先生が煙草の灰を黒板のさんに落としているのを観た誰かが灰皿を教卓の上に置くようになりました。これには先生、気づいた後、皆の方を見て「おお、ありがとう」とおっしゃいましたね。それほど、良い授業であったともいえます。わたしも聞き入りました。そして惑わされました。授業が終ると、今までの常識が覆されて、落ち着かないんです。そんなことが一週間に一度やってきて、迷いの中、また、新しい迷いを与えてくれる授業でした。

     寛容を考察するが知性なり
            師の語り口迷わす紫煙



     気楽さが一人ぽっちに変わる夜

     憧れ来し朝風呂の罪楽しめり

     勇気なり戦するより我慢する




     虫の声光のごとく闇にあり
スポンサーサイト



コメント
コメント
 美代子さんへ
 私も含めて、味のある人物が減ってしまいましたね。その理由は何なのでしょうか。私ごときが向き合う問題ではないと思いますが、やはり、精神生活の不足、とうか崩壊ではないでしょうか。
 落語家でいえば、志ん生、円生、三木助、特に私は志ん生が好きですね。空襲に一升瓶だけを持って逃げっという話、高座ながって、居眠りし始めてしまった話、起こそうとするのを見て、客の一人が眠らせてやれ、と言ったちう落ち、まるで人生が落語です。客も粋ですね。今なら、怒り出す客もいるのではないでしょうか。それこそ野暮です。
 政治家に至っては、語るも無残です。テレビを賑やかす出演者に粋を求めるのは神に出会うよりむずかしいですね。
2016/09/27(火) 09:24:50 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 スキップさん、授業中の喫煙なんてびっくりですが、結局はそれ以上に魅力ある授業内容だったということなんでしょうね。半面教師というのもありますからね。笑。でも、そんな先生こそ生涯忘れられないんですよね。
 
     気楽さが一人ぽっちに変わる夜

     憧れ来し朝風呂の罪楽しめり

     勇気なり戦するより我慢する

 ↑いいですね。とくに「勇気なり戦するより我慢する」は、今の日本にとっても大切なことですね。、子どものころは、喧嘩に強い人より、我慢する人のほうが偉いと思ってましたが、今でもそうですね。その割には喧嘩しますけど。笑。
2016/09/26(月) 21:28:31 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック