FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
うつ病を身近に感じる
 敬愛する先輩の中に、うつ病を発症した方がお二人いらっしゃいます。それこそ、青天の霹靂でした。有能果敢のばりばりの現役が突如、発症したのです。ですから、自分も分からないぞ、と思うようになったわけです。
 今から思うと、よくも病気にならなかったと思わせる10年間がありました。ストレスの連続、それも強度のです。平常を維持しようと努力しました。その一つが「何を今自分は恐れ、不安に思っているのか」それを自問自答することでした。その答えを出せていたように思います。
 それが、最近、理由なく不安になったり、恐れたりしているのです。その対象がつかめないままです。テレビでその原因は男の更年期障害だと言っていました。男性ホルモンの減少が原因だそうです。ならば、ほぼ全員の中高年男性がうつ病になってしまいます。
 最大の原因は守りの姿勢に入っていることではないかと思い出しています。培ってきたものを失いつつあるのではないか、それは自分を失うことです。自信も失います。ならば、すべてご破算にしてしまえばいいわけです。そう思い、還暦記念行事を行い法名までいただいたはずなのですが、なかなか、過去のすべてをご破算にはできないんですね。変なプライドが邪魔します。法的老人期を前に、仕切り直しを考えています。

      雲の峰成長点へ反り返る

      野分とて地は泥と化す空の青

  人黒く点と成りゆく雲の峰
        成長点へ背は反り返る

  台風は誰かの命さらうだろ
        テレビを観つつ日常にいる

  外に出ぬ人訪ね来ぬ一日は
        贅沢なのか淋しさなのか

     駆け付け三杯と軽くない警護

     失言を映画予告のように聞く
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 10人に一人が鬱傾向にあるという報告もあるそうですね。「国民を幸せにしない日本というシステム」でしたか、そんな名の本があります。読んでみましたが、なるほどと思わされました。著者は外国人です。残業代ゼロにして、労働強化をし、リストラも自由にできる法律を作ろうとしている安倍政権です。ますます、不幸に、精神的に追い込む社会になってきます。そんな社会が発展するわけがありません。日本の会社はすごいという番組に人気があるようですが、最近鼻につくようになりました。必要以上に細かな気遣い、サービスがお永井の首を絞めていることに気づかない日本人です。人に厳しい社会になってきていることと過剰サービスは関係があるのではないでしょうか。フ寛容な社会的風潮もこの流れにあるような気がします。
2016/09/02(金) 22:55:02 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 更年期鬱というのは確かにありますね。これは精神的なものというより、ホルモンのバランスの崩れなどによる自律神経失調症という肉体の病気だと私は解釈しています。いわゆる老化現象の一つかと。老いは容赦なく迫ってきますが、気にしていたら大変です。なるべくあっけらかんと生きようと思っていますが、何かあると落ち込み方が半端でないのも老化が一つの原因でしょうね。でも、すべての人間は老いますから、赤信号みなで渡れば怖くないと同じかも。笑。鈍感力という名言を吐いた政治家がいましたが、これだけはその通りだと思います。これからは鈍感力を養って、なるべく能天気に生きる努力をしなければと思います。悟るというより添うということでしょうか。?? 
 不安感は嫌ですね。私など以前は更年期で、毎日強い不安感の中にいましたよ。そんな日々が続くと、それが普通のことになってしまうんですが、ある日、不安のない日がくると、すごく嬉しくて、得したような気分になるんです。今はその不安もあまりなくなりました。コメントを下さるスキップさんほかの皆さんのおかげもあって、ブログを楽しんでいます。
 海老蔵さんの奥さんも重病の床にありながら、自分らしくありたいとブログを始められました。とても尊敬しています。どん底まで落ちてしまうと、いろんなことが見えるのでしょうね。、今こそ書くべきだと思われたのでしょうね。
2016/09/02(金) 22:39:48 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック