FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
工場の屋根が心配
 台風が関東を狙っています。そこで心配なのが先日露呈した工場の屋根の一部がはがれていることです。我が家を立てた大工さんに電話したのですが『この電話はただいま遣われていません』廃業されたのでしょうか。困ったので、町内の建設業の方にお願いしましたら『お盆で職人が集まらない』と言われてしまいました。明日の午後から風雨が強まるようです。どうなることやら。

今日も我が家の蝉たちは大合唱です。次郎も仲間と受け入れたのか、子守歌のようにして寝入っています。

     主旋律謡い上げるはあぶら蝉

 夏はセロリが合います。今朝はサラダでいただきました。

     艶放つグラスを凌ぐセロリの香



     天皇の誠言葉は暴走を
            静かに諭す憲法遵守

     子どもらが声掛けてくる夏祭
            若衆気取るねじりはち巻

     溜息や辛気吐き出すヤケクソの
               精気呼び込む大欠伸

     
         
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 そうですか。天皇の誠言葉の歌にグッときましたか。ありがとうございます。
 この歌は題材からして、赤旗向きかと思ったのですが、敢て、東京歌壇、東直子さんに託しました。美代子さんの心をつかんだなら、可能性がありますね。
 ちなみに、今日の赤旗に『稲の花知られず開きまた実る見せ掛け嫌う農夫のごとく』が特選で載っていました。結構喜んでいます。
 俳句を作り、それに7・7を付けて短歌にすることをやっています。この歌も俳句に7・7を付けたものです。俳句に下駄をはかせたような歌が二との心をつかむわけがないと思いつつ、やっています。川柳・俳句・短歌の垣根を取り払うと、どうなるでしょうかね。
2016/08/16(火) 10:23:20 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 スキップさん、昔の家は雨漏りが普通にありましたが、今はあまり聞きませんね。屋根も修理すると結構ぼったくられますからご注意下さい。トイレ修理のぼったくりはもう普通らしいですよ。この暑さですから、屋根の修理は嫌われますが、雨漏りは一日も待てませんよね。ところで、「天皇の誠」の短歌、とてもぐっときます。今の天皇に叶う政治家はいませんね。
2016/08/16(火) 00:12:28 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック