FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
ミャンマーの変化、中国に期待
 ミャンマー軍事政権はサイクロン被害を前にして、国民を目的にしていないことを露呈しました。自らの特権を守ること、、生き残ることを唯一の目的とした王朝であることを、それも質の低い独裁政権であることを、改めて、世界に知らせました。
 時を同じくして、この政権を支持してきた中国政府にも、同じことを問われる災害が発生したことは天のいたずらでしょうか。中国は、今までの対応を改め、外国の支援を受け入れ、海外メディアの報道も認めました。国内外の諸事情を考慮しての判断とは言え、時代を画する変化です。
 この困難を前にして、中国が国際社会を意識し、行動してほしいと思うのです。更なる自己改革意志をアピールすることは「災い転じて福となす」結果をもたらすだろうと信じもするのです。その一環として、ミャンマー政府に対して、民主化を進めるように、アドバイスをしてのける勇気を持って欲しいのです。このことは中国が、自ら、共産主義=一党独裁という図式を壊し、民主化を迅速に進めるだろうことを世界に示すことになり、歓迎され、信頼を、更に、高めることになるでしょう。
 人民の福祉向上を目的とした共産主義政権であるはずです。また古代から、為政者=聖人君主を政治思想とする伝統を持つ国です。国境を越えた人民の幸せに貢献する中国であることを期待します。



一昨日は、12個、今日は14個拾えました。もちろん、空き缶のことですよ。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック