FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
俳句の種見つからず
 この一週間、俳句が創れません。その代わり、短歌を創りました。というか、創った川柳・俳句を種に短歌が浮かんできます。より詳しい川柳が短歌ということです。これが短歌と言えるのかと言えば、違う気がしますが。

   川柳    癖が出て還暦男席譲る

   短歌    先の日に席譲られし還暦の
          せん    癖が出て男座席を譲る


   俳句   稲の花知らずに開きまた実る

   短歌   稲の花知らずに開きまた実る
                見せ掛け嫌う農夫のごとく


 昨晩は落語を聞いても 、眠られなかったので、一首創れました。先週の土曜日の、私が諫めた甥の行動が種です。

     階段を降り来る方の居られしが
                 走り登るを淋しく認む
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 川柳、俳句、短歌みんなやる者を認めない風潮がそれぞれの世界にあるように聞きます。それ分かる気がするんです。それぞれ、形式を超えるものを抱えて、っそれぞれの世界があることを認めます。
 しかし、もっと根本のところでは、表現したいという思いがあります。それは川柳も俳句も短歌もその泉の中に、ともに住んでいます。ならば、技術の違いだけなのではないかと思うんですね。
 昨日もTBSテレビ夜7時から夏井いつきさんの俳句添削を拝見しました。納得のいくことばかりです。これは実は技術なんですね。その証拠に、夏井さんは作者の感じたことを尊重した範囲内でのみ添削します作者の。感性発想を大切にしています。ここが私が彼女を支持する最大の理由です。
 
2016/07/29(金) 22:36:45 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 スキップさん、頑張ってらっしゃいますね。私は俳句だけですが、スキップさんは、川柳も短歌も熟されますから凄いです。しかも立派な形になってるんですからね。
2016/07/29(金) 18:44:59 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック