FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
Sさんちへ米いただきに行き、勉強する。
 昨日は、米を売っていただくためにSさん宅に伺いました。先客がおられました。いつも賑やかなS邸です。あれこれの話の中で、特に、注目したお話をご紹介します。
 6~7年前でしたか、市から依頼を受け「農業経済センサス」という調査に多くの農家を訪ねました。その一軒がSさんでした。気が合うというか、楽しいというか、調査途中にもかかわらず2時間も話をしてしまったのです。地に足を張り付けた草莽の賢人とそのときすでに感じました。
 「植木職人として、賃仕事をやったこともあんだけどもよ、あれは、逆に損だぁ。一日8000円月25日働いても20万円だや。コンバインの定期点検30万円かがったぞぉ。賃仕事一か月半分だろ。自分で、コンバイン分解してやったけどよ、二週間でできる。賃仕事やらねえで、自分で点検整備した方が収入は減るが貧乏にならねえ」 この手の話は以前にもうかがっておりましたが、改めて、彼の賢人ぶりがわかる話です。ムヒカウルグアイ前大統領に通じる賢人ぶりです。
 そして驚いたのが、彼のように、米をすべて農協や米問屋に売らないで、自家冷蔵室に一定量保管して、手売りしている農家は他にいないことです。この自家売りは生産者も、消費者も潤わすシステム(生産者は農協よりも高く売れ、消費者は店で買うよりも安く買えます)です。当然、、彼のように自家売りをやっていると思っていたんですね。しかし、そうではないんです。
 その原因をSさんは「みんな農業では食っていけないと決め込んでいる。会社勤めを中心に生活しているからだ」と明快です。彼は、一時期を除いて農業だけで子供を育ててきました。現在、息子さんは勤め人ですから、専業農家ではありませんが、彼は自分を百姓と理解しています。農業(というか農作業)だけで、生きてゆく覚悟があるんですね。
 さらに、驚いたことは。米問屋に「一気にこんなに米買い付けて、もうかってしょうがないな」と聞いたら「あに言ってんだや。米買い付けに3000万借りているんだから、利子払いで、大変だ」「八角さん、ということは、利子分安く農家から買わなければならねえ計算だ。農家は知らねえ間に、銀行に儲けさやってるだよ」鋭い社会洞察であり批判です。人生損得ではありませんが「自分の都合のいいように仕組みを作る連中の下に入ることはしたくねえ」と言われれば、その通りです。

スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 私、会社の利益のために、一生懸命になれない自分が見えて、会社員にはなりませんでした。そうすると、起業するか、公務員です。起業する知恵がありませんでしたから、公務員です。しかし、役人にはなれない自分も見えます。教師しかなかったんですね。
 しかし、今や、その教師もがんじがらめにされています。がんじがらめを求めているようにさえ見えます。
 ならば、今、仕事を探さねばならないとしたら、起業するしかありませんね。ならば、目に見える価値を生み出す仕事をしたいですね。そうすると、農業はその最右翼です。
 今は、ぜいたくしなめれば、食べてゆけます。9畳の会の仲間と平和を守る活動、575、句集を作りたいですね。10年したら、考えてみます。それだけの秀作があればの話ですが。後は、小学生との勉強も続けたいですね。そして、先週の土曜日に、甥に言われてしまった「日本史の参考書」作り、これを再開したいと思います。
2016/07/26(火) 18:11:11 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 会社員と農家では、比較しようがないですね。ただ、農家は農地に家を建てられるので、大きな家に住んでる人が多いですね。一般の人は宅地を買わねばならないので、一生、ローンに追われます。
 韓国は数十年前に財政破綻しましたが、農家は何の影響もなかったし、破たんそのものも知らなかったそうです。大変な仕事ではありますが、雨と太陽頼みの農業は案外、いい仕事なのかもしれない。自分の食べ物を自分で作れる人が一番自由なんだと思います。会社員もそれなりに大変ですからね。
2016/07/26(火) 17:26:41 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック