FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
30年以上前でしょうか
 船橋から当地の学校に転勤が決まって、両親と暮らすようになった、その少し後ではなかったでしょうか。伯父から「新米を取りに来い」との電話が入り、父と本家に行きました。
 話が弾み、晩飯食っていけと言うことになりました。新米、品種は初星であったと記憶します。これが美味くて、おかずなしで、一杯を食べてしまいました。伯父の満足そうな顔を思い出します。というか、何かの拍子に、この顔を思い出したのです。
 私と父の手の形はそっくりです。気付いたのは、伯父の手の形、足の形までが、我々と、また、そっくりなのです。その時の驚きといいますか、感動と言いますか、この事実が遠い祖先にまで及ぶことの不思議に心揺さぶられました。それを今日は脚色して、短歌にしてみました。


  相子でしょ伯父父吾のじゃんけんは
                 同じ形の手の平開く
スポンサーサイト



コメント
コメント
AF冠者さんへ
 最後の一文を読んで、噴出してしまいました。一句の川柳を味わった気分です。何だかんだいって、お孫さんが可愛いのだと分かりました。出なければ代わって、整理はしません。
 私の両親はそういう世代なのかもしれませんが、整理整頓はしっかりでした。しかし、私は駄目なんですね。ご近所から親父さんは綺麗にしていたのにね、とからかわれます。
 それでも、最低限は今のところやっています。お孫さんも一人になれば、やると思いますね。
2016/07/18(月) 12:52:15 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
血統
別棟の孫(大2)は、今もって身辺の整理が出来ない。ぬいたら脱ぎっぱなし、部屋中歩く席もない。小学校の時、説教したら「俺もそうしたい、それが出来ない、ご先祖様に聞いてくれ」と抗弁した。以後、腹立ちながら爺が整理している。わが家系にはだらしのない眷属はない。そうだ、嫁の家系にあるのだ。
2016/07/18(月) 07:29:48 | URL | AF冠者 #ErotiftQ [ 編集 ]
美代子さんへ
 未来を思うよりも、過去を思うことが増えました。なぜか、楽しい思い出がやってくることは少なく、思い出したくないものがやって来ます。その中で、家族・親族の思い出はよいものが多いです。なぜだか分かりません。
 私達は今までと違った老後を生きることになるのではないでしょうか。以前は60歳過ぎたら、よくも悪くも先が見えて、死を迎えられる、準備が出来るものでしたが、われわれは、数年先が見えません。どんな時代が自分に襲い掛かってくるか分からないのです。
 それはやはり、安倍政権の動きが原因です。改憲の動きに加え、経済が財政が心配です。これは中国の脅威などと比べ物にならないほどの暴力性を持っています。気が重い日々が続きますが、」明日はわが九条の会です。
2016/07/17(日) 22:03:00 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
いいお話しですね。そして、とてもいい短歌だと思います。胸にぐっと来ます。
確かに、先祖があって今の自分がいるんですよね。スキップさんのご一族は、心の温かい人の集まりなんだと思います。冠婚葬祭だけの付き合いしかしないという家が多くなりましたからね。
 父方の遠い先祖に、和歌をとても愛した人がいるんですが、私はその血の一滴を受け継いでいるのかもと思うと、心が熱くなります。笑)
2016/07/17(日) 17:31:38 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック