FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
舛添疑惑追及止めた自民・公明に抗議の電話を
 大騒ぎの舛添都知事事件は辞職でお仕舞いになってしまうのでしょうか。政治家が犯罪を犯した場合、職を奪われるのは当然で、その上に、刑事罰が科せられます。その犯罪性の究明は大騒ぎの後ですから、当然成されるべきです。が20日総務委員会は無くなり、百条委員会も与党らの反対で開けません。
 百歩譲って国会議員時代のことだから、都議会でも百条委員会はふさわしくないとするなら、国会に追求を要請するべきです。しかし、本来は、総務委員会で追求したのは国会議員時代のことも含んでいたわけですから、引き続き追求することに何の問題も無いのではないでしょう。
 ところが、いち早く、幕引きをする自民公明。都民は今度は都自民・公明本部に電話を入れるべきです。都民パワーを収めるのはまだ早いです。応じないのなら、参院選挙でその意志を示せます。政治資金規正法改正を言う候補・党に投票しましょう。また、政党助成金と企業献金の両取り状態を止めるべきだという候補・政党を応援しましょう。

TOKYO自民党  
  〒100-8910 
  千代田区永田町1-11-23自民党本部内
  ℡ 03-3581-2036
   FAX 030-3581-2120

     直可決 疑惑追及規制案

     団塊の新人類を観る都民

     不適切都知事としても不適切




     南仏の光彩を塗る五月晴

     紫陽花と亡父並べしままの盾

     茅花流し軒下の犬逃げ場なく

     茅花流し軒下の靴黒く濡れ

     
スポンサーサイト



コメント
コメント
AF冠者さんへ
 要は、偉い人間としての待遇を受け続けたいと言うことなのではないでしょうか。偉いのだから、普通とは違う待遇を求めて当然、創待遇するのが礼儀、と言うことになるのではないでしょうか。それが一流ホテルやファーストクラスと言うことになるのではないですか。「香港のトップが三流ホテルに泊まりますか。ねえ、恥ずかしいでしょう」一つも恥ずかしくないですよ。むする、尊敬されます。ムヒカ前大統領のように。
 疑惑解明を放棄した都議会与党と民進党に反省を求めましょう。
2016/06/17(金) 17:04:03 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
美代子さんへ
 都庁に30000を越える苦情が来たということですから、今度もそれを越える苦情を送ることにしませんか。FAXが一番お手軽ですね。
 辞職を発表してから、手を返したような対応にも、彼の人間性が現われています。給与返納はなくなり、退職金も2200万受け取るそうですね。とても、反省した人間の態度ではありません。2200万円といえば、務め人の35年分の退職金ですよ。全うして、成果をあげたと言うなら受け取ってよいですが、迷惑をかけかけ、の辞職劇です。許してくれるなら給与は入らないと言うが、許してもらえなかったら、前言を覆す、ではまた、せこいと言われます。2200万受け取るなら最後の仕事、真実を語るべきでしょう。それが受け取れる最低限の条件ですね。創思いが至らないならいたらない人間です。
2016/06/17(金) 16:57:29 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
呆れてものが言えない
県知事さん、「権腐十年」が信条と仰せでしたが、4期目立候補の気配。並んで県都の市長さんも4期。2期居座ると行政に支障をきたすと止められる知事さんおられましたが、16年も居座れば下のお役人の派閥やしがらみが出てくる世界を知らないと見える。舛添さんもあれほど時宜に合ったことを言っていたのだから弁償してください。子供がキャッチボールで窓ガラスを1枚割っても教育委員会から沙汰が届きます。止め得は御免蒙りたいですな。
2016/06/17(金) 10:35:58 | URL | AF冠者 #ErotiftQ [ 編集 ]
 スキップさん、仰る通りです。この舛添事件(事件ですよね)をこのままにしてはいけないと思います。これだけのことをしても、法的には問題なしというのは異常ですね。根底にあるザル法をキチンとしないと、解決しません。国会で取り上げられれば、政治家たちは背筋を正さないではいられません。よいショック療法になります。反省のない自民党に選挙でぎゃふんと言わせてやりたいですね。会社員だったら、横領とかで刑務所入りですよね。
2016/06/17(金) 10:01:22 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック