FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
平和と民主主義を愛する匝瑳市民の皆様へ

 昨年、私たちの陳情の一部が全会一致で採択され、匝瑳市議会は衆参両院議長と内閣総理大臣宛に「安保法制慎重審議を求める意見書」を提出しました。ご支援ご協力をいただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

記事 写真が入る
2015年9月26日東京新聞

今年は「安保法制廃止を求める意見書の提出を要請する陳情」を6月定例議会に提出します。提出趣旨は署名用紙に述べさせていただきました。賛同署名にご協力いただけるならば、5月21日(土)までに、八角までお願いします。失礼ながら、送料ご負担願います。(署名は匝瑳市民以外も有効です)
                     289-2101
送り先=憲法を生かす匝瑳九条の会     匝瑳市春海6858 八角宗林 宅
TEL  0479-73-2858

安倍首相は「日中・太平洋戦争が侵略戦争であったと思うか」との質問に、まともに答えず、はぐらかし続けています。侵略戦争だと考えていないのです。ですから、反省もありません。ここに、戦争の反省から生まれた日本国憲法を受け入れられない理由があります。戦前戦中を反省するなら、その否定に向かいます。しかし、反省の必要を感じない首相は否定するどころか、肯定しているはずです。このことから「戦後レジームからの脱却」が何を目指しているかが分かります。安倍首相の本質がはっきりしてきました。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック