FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
万緑の風を楽しむ
 昨日は、最高の天気でした。湿気がなくさわやか、当地方は適度な風でした。次郎君と天の恵みを楽しみました。そこで出来た一句

     緑陰の光一条犬照らす

 NHK俳句の次の兼題は「夕立」と「泳ぎ」 そこで挑戦しましたが、

     夕立を弾いて土の匂いかな   

  これ、盗作ではないかという不安があります。以前によいと思って覚えていた句が己の句のように出てきた可能性があります。

     夕立や犬は寝床を奥に詰め


     人知れず天理を泳ぐ鮎の背中

 「泳ぎ」を季語にするつもりが「鮎」になってしまいました。



     二パーセント仏の顔に四度ありや

     止めぬ原発他国メデアが心配し

     千を越す地震受け止め炉は止めず
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 そうですか。やはりありますか。頭で想像して作る句には限度がありますね。見たり聞いたりして、突然出てくる言葉のつながりがありますね。吟行と言う奴をやったことがないんです。仲間が欲しいですね。出来れば、同年代以下の方々と吟行したいですね。気のあう仲間に俳句をやろうというのが居ないんですよ。うまくいかないものです。教師の時に始めれば、クラスの生徒を連れ込むことも出来たのでは中と思うんです。連れ込んではいけませんね。新しい世界に誘うというんでしょうか。
2016/04/30(土) 17:51:33 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 俳句と川柳を同時に創れるなんて、スキップさんの脳の構造はどうなっているんでしょう。私など俳句脳になるまでに時間が掛かるのに。。。
 盗作というより類句というのでしょうか。誰もが経験することですよね。類句を抜け出すのは容易ではありません。自分で創りながらも、あれ?これってどこかで見た句だぞと思うことしばしばです。でも、そこから自分の句を創り出して行けばよいのではないでしょうか。
2016/04/30(土) 15:36:03 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック