FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
介護士保育士真の待遇改善
 安倍首相は、一億総活躍社会実現に向け、介護士と保育士の待遇改善に動き出しました。それは結構なことですが、前者が一万円、後者が2%なのです。とても、人材確保はできません。
 問題の本質は、政府がこれらの仕事を「本来は家庭内での女仕事」と見ていることです。「政府の仕事でない」「女家事の代わりだから、安い賃金でよい」との見識を捨てられないのです。
 つまり、仕事を正当に評価しての待遇改善の動きでないことが問題なのです。狙いは公約実現の推進と参院選対策であり、その手段としての賃上げです。介護士・保育士を選択した人生の「充実と豊かさ」を目的としなければ、人材は集まりません。
 今はなき家族制度への郷愁と「美しさ」への信奉が判断を誤らせています。安倍政権の体質が一億総活躍社会政策を生み、同時に、その実現を阻んでいます。


スポンサーサイト



コメント
コメント
 美代子さんへ
 明治から変わらぬ頭の持ち主たちが政治を行っています。ガラパ政治です。新自由主義と結びついた復古主義が政治の主流になってしまいました。
 一億総活躍社会の根底にあるのはは新自由主義ですよね。介護保育に対する偏見は復興主義の成せる業です。
2016/04/30(土) 06:32:56 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 今日は強風が吹き荒れていました。そちらも同じでしょうか。明朝は冷えるようです。お風邪にご注意下さい。
 介護士も保育士も大変なお仕事ですよね。今は三歳児から入園するようですが、昔は四歳児からでした。そのせいか、余計に入りにくくなっているようです。
 家事育児は重労働なんですが、理解されません。子育てが終わった女性は、是非政治の世界を目指して頂きたいです。いろいろな経験が生かされると思いますから。
2016/04/29(金) 20:27:19 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック