FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
本来の積極的平和主義
 
 安倍首相は「現実に憲法は合わなくなっている」発言を繰り返し、軍隊保持を明文化しようとしています。しかし、文部省昭和22年発行「あたらしい憲法のはなし」は中学生に「これから先日本には陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます」と説明しています。
 しかし、正直に言えば、今の世界状況で武力を持たぬことは不安です。そこで、「違憲状態」の自衛隊を置きます。「九条の理想に向けて、前進努力を続ける」ことが条件です。この場合「戦力放棄への前進努力を怠る政権下の自衛隊」は憲法違反になります。もちろん、現状を理想から後退させる「防衛装備移転三原則」「専守防衛を捨てた安保法制」『これを実行する政府」も違憲です。
 すでに、同じことが一票の格差裁判判決に見られます「現状は違憲状態だが、選挙結果を無効としない」がこれです。その条件は「違憲状態を解消する努力の実行」です。確かに、無効としないことで国政の混乱を避けています。
 理想(憲法)に現実を合わせるのが論理的にも、道徳的にも正しいのです。しかし、安倍発言はそれを逆転させています。憲法は「両性の平等」「国民の生存権」などの理想も定めており、実現に向けた努力を続いています。なぜか、九条だけが例外です。それとも今後、理想はすべて放棄するのでしょうか。
 軍隊がなくても安心な世界を創る努力の実行は、人類の願いです。九条は、政府に中韓露朝との友好信頼不戦外交を、国際紛争解決の仲介役、そのための勇気と知恵を求めます。これが多大な犠牲の上に至りついた「本来の積極的平和主義」です。
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 諦めたそのときが失敗ですからね。戦争をなくすなんて、青くさいこといってんじゃないよ、理想は理想よ、の声を聞き流し、人間を信じて、前進するしかありませんね。人間を信じて、これを信じられないのが改憲勢力ではないでしょうか。もっと言えば全体主義者や国家主義者は人間不信、他者不信者だと私思っています。それの方が簡単なんですね。信じることは根気、すなわち、愛情が必要なんです。愛なき者は、すぐに見捨てますからね。
2016/04/12(火) 08:55:26 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 スキップさん、武力を持たないと不安な地球って異常ですよね。宇宙から見れば、地球は一つの家族ですからね。いつになったらテロや戦争がなくなるんでしょう。やっぱり、適正人口を守らないと、いつまで経っても奪い合いは収まらないのでしょう。五億数千万人と言われる適正人口が実現したら、いろいろな問題が解決すると思います。平和憲法が現実に合わないという意見は間違ってますよね。九条の方が安倍さんを受け入れないというべきでしょうね。軍隊の要らない地球を実現させて頂きたいです。
2016/04/11(月) 20:42:45 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック