FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
ちょい役で夢に連日出演の父
 1999年に亡くなった父の夢をよく見ます。下の姉は『幽霊でもいいの、せめて、夢に出てきてくれたら』と夢にも出てこない父を残念がります。その父が、ここ連日、ちょい役ですが、連日出演しています。自ずと、目が覚めると、色々な思い出をめぐることになります。
そこで、今日は父を題に、短歌です。

     父の死に涙したほか孝はなく
           最後別れも有難きかな


     父の死に挨拶でないありがとう
              初めて放つ己に気付く

 やはり、父の死が私の人生の大きな節目になっていると、改めて、気付きます。


001 - コピー 003 - コピー
我が家の桜はこれで満開です。寂しい限りです。手入れが悪いのか、流れの植木屋であったと言いますから、劣質なものをつかまされたのか。切り倒した木の周りに、自生している、名前忘れました。
004 - コピー 006 - コピー
山吹、猫柳、ともに自生です、勝手に咲いています。
007 - コピー
たんぽぽ、もちろんこれも自生です。
002 - コピー
次郎、これは可愛さの自生です。


スポンサーサイト



コメント
コメント
TANNBATTUKOさんへ
 前に、教えていただいたような気がします。ブレイにも忘れています。ムスカリ、今度こそ覚えます。
 我が家の庭では、現在、栽培種が死に衰え、自生種がそれ替わろうとしています。つつじ、芍薬、苺、チューリップなどは良き絶え絶えです。そういえば、すずらんでしょうかね、これもあちらこちらに。
2016/04/09(土) 22:25:32 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
こんばんは
私も時々ですが、亡くなった父の夢をみます。

青紫のお花は「ムスカリ」でしょうか~

2016/04/09(土) 22:10:28 | URL | tanbattuko #- [ 編集 ]
AF冠者さんへ
 事情は伺えませんが、多かれ少なかれ、親の死に関して、胸さかれるような思いを皆さんしておられるようですね。私の旧同僚の母親は25年たっても泣けるといっておられたとか。
 わが人生に後悔なし、といわれる方がありますが、それは人生の一つの局面だけに関して言っておられるんだと思います。親不孝を孝行不足を恥じない人は少ないのではないでしょうか。
2016/04/09(土) 20:22:52 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 美代子さんへ
 もう、17年になるのですが、ついこの間のような気がするんですね。目が覚めているときも結構父親のことを思っていますね。いまでも、記憶を総合すると、そうだったのかと思う発見があります。
 美代子さんは世が世なら卑弥呼ではないですか。彼女は、相当霊感が働いたのではないでしょうかね。動物の心を詠むというアメリカの女性がいます。あれは信じざるを得ないんです。知るはずもない、家族にしか知れないことが彼女には見えるんですよ。彼女のような人が魔女にされ火あぶりにあったのではないでしょうか。
2016/04/09(土) 20:17:15 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
追慕
両親を弔ったけれど財政的な苦境にあって今もって追慕の念が薄い。哀しい定め駄なぁ。
2016/04/09(土) 19:54:17 | URL | AF冠者 #ErotiftQ [ 編集 ]
 スキップさん、私も父の夢を全く見ないのですが、それは、本人が完全に成仏した証拠なんだそうです。霊的目覚めを果たすと、霊的世界が身近?になるのでしょうか。親しかった方が亡くなると、必ず挨拶?に寄ってくれます。左頭頂部の皮膚がざわざわするんです。笑)
 風が吹くと、いろんな種が飛んできて、一人生えするんですよね。鳥のフンにも種が含まれているそうです。
2016/04/09(土) 18:02:31 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック