FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
自分も捨てている大量消費時代
 忙しいと皆さんが言います。疲れきっているようにも見えます。「日本人は人生を楽しんでいない」と外国人がよく言います。「忙しい」の「忙」という漢字は「こころをなくす」という意味を表わしているそうです。「心の時代」が言われるわけが分かります。
 なぜ、忙しいのかと言えば、物を捨てるからなのです。捨てるから、買います。買った、だから要らなくなったので捨てると思っているのでしょうが、それは逆なのです。捨てる覚悟を先にするから、買うのです。「それは順番が逆だ」と思われるのは、捨てる覚悟を意識しなくなってしまっただけのことなのです。それだけ簡単に、捨てることを息を吐くがごとくにしてしまっているということなのです。
 捨てることは、実は、自分の労働を、時間を、人生を捨てることに同じなのです。社会構成員が捨てれば捨てるほど、物を作らねばなりません。作れば運び、売らなければなりません。広告もします。このような循環が経済を、社会を活性化し豊かにすると肯定的に捉えられてきました。しかし、同時に、この循環が忙しいさの、疲労困憊社会の原因でもあるわけです。物を捨てることが労働と時間を捨てる事と同じならば、捨てれば捨てるほど物を補充するための労働は増え、忙しくなって当然です。
 大量生産・消費時代が長く続いています。しかし、さすがに、「もったいない」という言葉が帰って来ました。使えるものを捨ててきた反省です。それを歓迎します。しかし、私には、自分の時間を捨て来たことが「もったいない」と写るのです。全国にあるゴミの山は、そして産業廃棄物の山は、無駄遣いしてしまった我々の時間の、命の墓場なのかもしれません。


4月は182個、累計1446個
スポンサーサイト



コメント
コメント
 様々なことに関心を寄せ、活動なさっている姿に小気味よささえ感じます。
 「時は金なり」と言う言葉を40年以上前に聞いたのだと思います。その時は「偉い人は違うな」と感心したのですが、今は、あまり好きな言葉ではありません。「北の国から」で唐十郎さん演じる男が「親父は何をやっている」と聞き、答えが返ってこないので怒ると「お金になることは何もしていませんが、いろいろやっています」と答えると、「いろいろやっているのなら立派なものだ。なぜ、早く答えない」とまた叱る場面がありました。最終回だと思います。
 お金になることだけが、仕事と認識することが人間を矮小化していることに、そろそろ、気付くべきなんだと思っています。その意味で、人間をより自由に生きる、精神の自由を楽しむ、そんな生き方に近づきたいですね。 
2008/05/01(木) 14:11:03 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
ひまわりの会(ひまわりアイランド in MIYAKO島」市民ボランティアの会)は、島の先輩に誘われ発足当時から関わっています。葉タバコ収穫作業以外は、ノンビリと島生活を送りたかったのですが、回りがそれをなかなか許してくれません。まだ歩き始めたばかりの会ですが、ブログは一応公式のブログになっていますので、個人的なことにお答えできなかったことをお詫び致します。これからひまわりの会が、どのように発展するのか、また変遷するのか未知のところが多いのですが、流れに逆らわず微調整をしながら進めていきたいと思っています。これからも半農半遊舎同様、お付き合いを宜しくお願いします。
ちなみに、ブログ担当者は、お察しの通り私です。内容が貧弱なところは、目を閉じやり過ごして見て下さい。
2008/04/30(水) 21:24:57 | URL | 半農半遊人 #- [ 編集 ]
 文章も、心配りなのだと思いますね。相手の身になって組み立て、言葉を選ばなければ、伝わらないことが分かります。これも、修行になります。
2008/04/28(月) 06:51:55 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
実は結びついている
いや、直していただくとは、感激です。読みも難しいですよね。わたしは、最初は「直接」結びつかないかと思ったのですが、「時間の墓場」という言葉で結びつきました。
2008/04/26(土) 10:06:33 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
 いや、文章とは難しいものです。「忙しいと捨てることは直接結び付かないと思うのですが」と近さんにコメントされ、これでは、私の言いたいことがまったく表現されていないと分かりました。直してみましたが、それでも、伝わらないでしょうか。
2008/04/25(金) 21:17:44 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
時間泥棒
忙しいと、捨てることは直接結びつかないと思うのですが。「時間の墓場」というのは鍵になると思います。ものを考えず、表現もせず、行動もしない人たちを見ていると、生きているのに死んでいるのではないかと思ってしまいます。それこそ「MOTTAINAI」じゃぁないですか。
2008/04/24(木) 15:35:35 | URL | こん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック