FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
年金消し、年金から天引き
 社会保険庁が、母の年金を、黙って、消していたことはご報告させていただきました。高級官僚社会は、相容れない異質ゆえに、我々の言葉を翻訳できないのです。何を言っても自分の論理と生理を通し、その増殖だけを生命の目的とする遺伝子に奇形しています。
 その害を、もろに、見せ付ける事態が起きています。年金を消してしまって、支払うべき年金を対象者の口座に振り込まないで置きながら、一方で躊躇することなく、介護保険・後期高齢者医療保険(長寿医療保険と名を変えても実は同じ)は天引きしていることです。有無も言わせぬ天の声が行う天引きです。まさに、お上意識が為せる業です。
 年金を消した無責任は公的年金制度を、掛け金を振込んできた加入者に対する、国家が行う文字通りの「振り込め詐欺」にしてしまいました。しかし、犯罪であると言う認識に至れない彼らです。天の声は天理ですから、従うもの、そうあるべきものと信じているのでしょう。
スポンサーサイト



コメント
コメント
実は、私も2年半前までは公務員でした。
2008/04/11(金) 21:21:22 | URL | 半農半遊人 #- [ 編集 ]
問題の所在
問題は個々の公務員にあるのではなく、制度自体に問題があるのです。「第一の敵」はどこに所在するのか見極めなくてはなりません。公務員バッシングをして溜飲は下げるだけでは問題は「網棚に上げられたまま」で終わってしまいます。問題の本質をごまかしていくという「お役所」のシステムと文化を破壊することが重要なのです。「民間だったら…」などという言い方は最悪だと思います。
2008/04/11(金) 10:24:25 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
そうだったのですか。それを伺って、思っていることに変わりはありませんが、冷静で、上品な表現を使うべきなのだなと反省してしまいました。インターネットが全ての人に解放されているから、それを意識して文章をと、思ってはいたのですが、その重みを軽く見ていました。
 私も2年前まで、公務員でした。それだけで「仕事をしないで高い給料を取っている」そんな類のいやみを言われたものです。
 公務員攻撃に効果が無いのは、官僚に向けるべき批判を公務員という枠で括ってしまって行っていることが原因の一つです。そうではなく、現場で仕事をし、問題を実感し、悩んでいる一般公務員と国民は手を結んで官僚社会の膿を出してゆくという意識が必要だと思っています。
2008/04/11(金) 10:01:24 | URL | 八角 #- [ 編集 ]
後期高齢者医療保険については、私もブログに感じたことだけを載せてみましたが、本当に今の日本が何処に向かっているのか(向かおうとしているのか)嫌になっていきます。年金問題も責任の所在をうやむやに棚に上げたまま下ろそうとしない・・・このままで行くと、まるで電車の棚に置き忘れた“忘れ物”のようです。なんて言っている私の愚息は、社会保険事務所に勤めて3年目、入って直ぐ問題が大きくなり愚息の大変さも色々と伝わってきます。世論と板挟みの馬鹿親です。
2008/04/11(金) 08:14:37 | URL | 半農半遊人 #- [ 編集 ]
わたしの母にも…
わたしの母にも届きました。家族で寄ってたかって今の政府の仕打ちを糾弾しました。母の一番の怒りは「読めないような小さな文字で、読んでもわからない文章が並んでいる…、どうしたらイイのよ!」でした。本当に主権者を馬鹿にしています。石原の「役に立たないばばぁは死ね!」と一緒です。
2008/04/10(木) 13:20:06 | URL | こん #JecAxcZ2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック