FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
明後日、11月3日は父の命日
 父は1999(平成11)年11月3日文化の日に亡くなりました。80歳でした。まる16年が過ぎてしまいましたが、そんな昔には感じられません。手術と癌の激痛に苦しむ最後でした。今でも、胸に迫るものがあります。父は生きたかったのです。それゆえに、苦しい手術にも耐えました。
 匝瑳市広報誌「そうさ」は毎月1日に発行されます。そこで、供養になればと、募集に応じておきました。その短歌が11月号に掲載されました。

   父の目に再び問えば生きる意志ただ一粒の巨峰に託す

 父が生涯最後に口にしたのが「巨峰」でした。

  俳句も2句投句したのですが、不安が的中、採用されませんでした。選句眼は少しは、鍛えられたようです。

 川柳は三句投句、採用されました。もちろん一句です。では、その三句をここに示します。前回の次郎の蛇騒動の三択が結構好評だったので、今回も!!

     ①  枯葉散る涙するほど暇でない

     ②  取らねばと緊張の中寿司まわる

     ③  孫誘い団塊男アニメ観る

 さあ、何番が選句されたでしょうか。正解は次回!!


 今日の次郎君

006 - コピー 008 - コピー
009 - コピー 013 - コピー
014 - コピー 015 - コピー



スポンサーサイト



コメント
コメント
彼岸花さんへ
 次郎が今吼えています。どうも寂しいようです。何度も行ってはなでているんですがね。散歩の時間が過ぎても、今日は雨ですので、行きません。
 正解発表ははいま少し待ってください。③番を選んだ方がいまのところいらっしゃいませんね。
 俳句が川柳化するところがたぶんにあり、俳句の腕が上がりません。大谷選手も野手と投手の二刀流を批判されていますが、私は三刀流です。これはやはり、邪道なのですかね。それでも、続けますが。
2015/11/02(月) 13:52:37 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
こんにちは。

おお、次郎君、可愛い可愛い。^^
優しいお顔してますね。お散歩して満足という顔でしょうか。

お父さまの短歌。しみじみと心に訴えますね。これはもう、真情がどうしてもにじみ出る歌、そういう歌だからこそ持つ力なんでしょうね。

川柳の可笑しみということで、
私は①を選びました~。^^
2015/11/02(月) 12:41:28 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [ 編集 ]
tannbattukoさんへ
 いつも、簡明明瞭なコメントです。①ですか。まだ、正解は言いません。楽しみに待ってていただければ。
 今回の次郎の写真は実物に近いですね。散歩の後をねらっただけなんですよ。意気を切らせて、結構、苦しんでいるその顔が人間には可愛く見えるんですね。これは、少し残酷ですね。静に、寛いでいる顔が無愛想に見えて、可愛いと感じない自分を反省しました。

2015/11/02(月) 10:19:35 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
はい!
可愛い次郎くん

①でしょうか…?
2015/11/01(日) 20:15:58 | URL | tanbattuko #- [ 編集 ]
美代子さんへ
 確かに、私も、載るならば、選ばれてあくではなく、他の句だと思っていました。まだ内緒ですよ。
 俳句です。送ったのは

  秋の蚊や特攻隊の羽音立て

  白き犬大きく見える月の下

を送ったんです。大胆ですね。
 特攻隊を俳句に使う者はそうはいないでしょう。耳元をねらい、やってくる蚊の羽音は、記録フィルムに残る特攻機のエンジン音に似ていたんです。秋の蚊です。残る時間が少ないゆえに、必死で向かってきているようで、不憫でもありました。その辺が特攻機と重なったんですね。とはいえ、特攻機は俳句にならないということでしょう。

 白き犬の句は、はがきを出してから、気付きました。

  月明かり大きく見える白い犬
 
の方が良かったとは思いましたが、これでも、私に見えたものが伝わらないかな、と言うところです。まあ、次回頑張ります。
2015/11/01(日) 14:08:06 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 スキップさん、選をする先生の好みにも寄るでしょうが、どの句が入選しても不思議ではないですね。ただ、私は②の句が好きです。人間そのものがこみ上げて来るような佳い句だと思います。
 一粒の巨峰の一首は胸に迫るものがありますね。でも定寿を全うされた方は、ある意味ではお幸せなのではないでしょうか。だって、思い残すことは一粒の巨峰だけだったのですから。
 戦争もあり、御苦労も多かったことでしょうが、良き人生だったのだと思います。
2015/11/01(日) 13:42:26 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック