FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
障子を張り替えていただく
 今日は家政婦さんのSさんが障子を張り替えました。あり難い事です。Sさんは母のヘルパーさんでしたが、母が川口に移ってからは家政婦さんとして引き続きお願いしている方です。
 10年以上前に、プロの表具師に依頼してから、放ってありましたから、障子紙が劣化してしまい、はたき掛けで、破れてしまったんですね。それを気になさったのでしょう、この運びとなりました。私も本当に久しぶりに、障子紙の張替えを手伝いました。50年以上やっていませんね。
 昔は、年に一辺、張り替えたもので、私は母の手伝いをしました。そういえば、掃除も日に朝夕二回やりましたよね。時代は変わり、掃除機のいい物があるにもかかわらず、今は、日に一回ですね。私のように、一ヶ月やらない者のいます。その様な私が言うのもなんですが、日本人の不精ぶりも相当進化しました。

 それでは、今日の作

     市民祭募集に励む自衛隊

 わが町の「よかっぺ祭」に自衛隊がブースを設けて、隊員募集活動をしたそうです。私は水神祭でいけなかったのですが、そういう情報が入りました。

     何者か保守が離れる安倍政治

     原発は再生不能エネルギー

     学問の起源捨てよと文科省
スポンサーサイト



コメント
コメント
AF冠者さんへ
 そうですか。ご自分でなさっているとは驚きです。なんでも自分で出来ることはやったほうが健康に良いそうですね。
 知り合いが先に逝ってしまうことは避けられないことと言いながら、なんとも、受け入れがたいですね。私も、本家の従兄弟に逝かれたときには相当参りました。
2015/10/28(水) 17:02:04 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
なんていいますか
高齢になると何時なんどき何が起きるかわからない、と頭の中にインプクトされてあり、障子や襖にはたえず気をつけ、障子はもとより襖・網戸、全部自分でやります。ツレが傍でしゃしゃくをいっておりますが。襖は水で貼れるのが好都合です。畳の張替はNo. こればかりは。その畳屋の友人は3月患って黄泉。すい臓。
2015/10/28(水) 08:42:04 | URL | AF冠者 #ErotiftQ [ 編集 ]
美代子さんへ
 新しい障子、やはり気持ちがいいですね。昔は畳を上げて、掃除をしましたよね。我が家は二年前に、畳表を替えました。その時はやはり気持ちよかったです。が、夏になり、カビが生えましたね。当地は夏の湿気は半端ありませんから。九十九里浜から吹く風は重いんです。
 すしを食べたのでは節約になりませんね。寿司はやはり、回らないほうがいいですね。夏に陸君と、先日卒業生の貴晃君と「浜寿司」に行きましたが、それなりに食べられますが、やはり、回らない寿司に比べたら、雲泥の差ですね。
 しかも、注文がボタンなんですよ。よく分かりません。そこで、誰か一緒に行きます。結局、すし屋と同じ料金を取られます。
 さらに、しかも、自分が注文した寿司を取り損ねてはいけないと緊張します。そこで先日、作った「取らねばと緊張の中寿司まわる」となるわけです。
 佐高信さんが、政府高官の息子から順次必要な人数を派遣させる法律を作れ、といっていますね。
2015/10/28(水) 05:10:00 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 いいですねえ。家政婦さんに来て頂けるなんて。私の場合は、家事を頼める人がいたらきっとすぐにボケると思います。でも老後、一軒家に住むのは重いですね。雑用がありすぎますし、メンテナンスにもお金が掛かりますしね。家にこき使われているような気さえしますよ。笑)障子張り、二年に一度の割合でしています。業者に頼むと高いので。。。でも、よく見ると皺がありますけどね。笑)四枚貼り終えて、ああ、これで何万円か浮いたぞ。上鮨取ろう!って感じです。阿保ですね。
 自衛隊員に今更誰がなるって言うんでしょうね。安倍さんがなれば?って思います。
2015/10/27(火) 20:46:44 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック