FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
短歌を文章に
 土曜日に「先生と呼ぶ声ありて振り向けばただ呼んだだけとはにかむ」と歌を詠みました。この心を文章にしてみました。


ただ呼んでみただけ

 「サタデースクール」の講師を勤めさせていただいています。土曜日、子供たちの過ごし方の一選択肢として市教育委員会が主催しています。算数と国語の学習をします。
 先日、授業が終了したので、子供たちを昇降口で待っていました。元小学校長のスクール長が「今日もほとんどの子が出席です。楽しみにしているのですね」と、きれいに並んだ小さな靴を眺めながら、ご本人も楽しげです。
 そこに、元気よく、子供たちがやってきました。「さようなら」が交わされる中「八角先生」との声「何ですか」と振り向くと「ただ呼んでみただけ」と三年生の女の子がはにかんでいます。そのまま、迎えに来られたお母さんに抱きつき帰っていきました。
 「ただ呼んでみただけ」これをどう受け止めますか。私は有難い言葉と、誰ともなしに感謝したい気持ちになりました。素敵な週末をありがとう。


001 - コピー 002 - コピー
003 - コピー 004 - コピー
005 - コピー 006.jpg

 どうも、次郎君の可愛らしさが、写真からは伝わらないというもどかしさから、今日も撮りました。今日も目的は達成できなかったどころか、墓穴を掘りました。最後の写真には相棒も驚きです。

スポンサーサイト



コメント
コメント
彼岸花さんへ
 そうですかね。そういっていただくと、次郎の素顔が伝わっているのかなあと思えてきます。最後の写真はアンコウかと思いましたよ。
 おっしゃるとおり、人生にそうあることではないですね。ありがたやありがたやと言う歌が昔ありましたが、まさに、あり難いことですね。この文章は東京新聞の「あけくれ」に投稿しました。
2015/10/27(火) 16:34:55 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
あら。次郎君、とっても可愛いですよ。
先日も下の記事で久しぶりにお写真拝見して、大人になったなあ、って思っていたところです。眼がね、とても優しくなりましたね。次郎君は、もともと『立派な顔』系の顔だと思います。強そうなお顔。
でも、飼い主さんに対する愛情は、やはり目に正直に表れますね。とっても優しい目になっていて、感心したんですよ。
犬は目でほんと、語りますものね。
次郎君の可愛さは、十二分に伝わっていますよ~~~♪ ^^

でも、ふふふ。最後の写真は、これは、もう、写真撮るの飽きたよ~!という『抗議』の意図があったかもです。うちの前飼っていた子も、散歩で私がベンチで休んだりしていてそれが長くなって飽きてくると、わざとらしく(笑)大あくびなどして見せてました(爆)。二度も三度もしてみせる。^^

「せんせい」と呼びかけてくれた子のお話。いいですねえ…
『ただ呼んでみただけ』…
ほんと、それはその子が八角先生大好き、って言う気持の表れですね。

人の人生って数々の出来事がいっぱいだけれど、一生心に残るほどの出来事って、そうはありません…。これは、そういう一つではないでしょうか…
私もほのぼのとした気持ちにさせていただきました。^^
2015/10/27(火) 15:22:08 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [ 編集 ]
美代子さんへ
 最後の次郎の写真見ましたか。相棒の気持ちを理解しない、無神経な所業です。
わたしゃ、アンコウかと思いましたよ。写真よりは実物は可愛いんですがね。本人は猫飯デラックスを食べ、寝そべっていますが・・・
2015/10/27(火) 08:40:42 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 本当に可愛らしいですね。ただ呼んでみただけって、なんて素敵なんでしょう。誰だって感動してしまいます。この一言で、スキップさんが生徒さんたちから愛されているのが分かります。一方、なるべく目が合わないようにして、逃げてしまいたくなる先生もいます。子供って何でもわかってるんですよね。
2015/10/26(月) 23:16:49 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
tanbattukoさんへ
 そうですか?実物はもっと可愛いんですがね。写真とはいえません。最後の写真いは自分も驚きました。アンコウではなく犬なんですから。
2015/10/26(月) 21:52:35 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
次郎くん
とっても可愛く写っていますよ~

あらまぁ~大きなあくびですねv-353
2015/10/26(月) 21:02:51 | URL | tanbattuko #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック