FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
はっきりした国家主義政権
 安倍首相は改憲論者であり「憲法押し付け論者」である。平和主義をめぐる議論で「押し付け論」は語られるが、基本的人権や国民主権にも及んでいるのではと疑ってきた。
 押し付けが九条だけなら「九条を押し付けられた」となるだろうに、そうではなく「憲法が」である。憲法三大原則すべてが押し付けられたと考えているなら、「民主主義」も押し付けられたと考えていることにならないか。
 ことの始まりは、麻生太郎副総理の「ナチの手口」発言である。今、これは失言ではなく、予告であったことが明らかになった。憲法を棚上げしてよいという法律をナチは作った。まさに今回、安倍政権は似たことをやってのけた。中谷防衛相の「憲法を安保法案に適用させる」がその代表だろう。安保法案が違憲であると自白した瞬間だった。その他、民主国家の根幹を揺るがす答弁発言が飛び交ったことは記憶に新しい。
 安倍首相は「安保法案」が違憲でないというが、それ以前に、中谷防衛相は「憲法の最高法規」を定めた憲法98条に違反した。罷免に値するが、これを許した首相も同類と見なさざるを得ない。立憲主義に価値を置かないなら、民主主義政権ではない。国家主義・全体主義である。
スポンサーサイト



コメント
コメント
AF冠者さんへ
 民主主義、立憲主義を否定するこのと重大さに、まだ多くの国民が気付いていないようです。ということは安倍政権の異常さと自分の常識の格差の大きさに思いが及ばないということです。そこが私は不思議です。民主主義に勝をおかないというならば話は別ですが。
2015/09/24(木) 22:22:20 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
自己陶酔
アメリカは日本など「はしり」としかみていません。上層部は中国を相手にすると名言しています。その深部がわからないおめでたさんが、安倍首相の周りに巣くっているのでしょう。安保法案の良しあしは百歩譲ってなぜ憲法を蹂躙するのか、法曹界も手も足も出ないわけがわからない。もっとも選挙権の違憲判決が出ても10減10増などと漫画みたいなことをやっているのだから話になりませんが。衆参半分にするがよろしい。民主主義が復活すること請け合い。
2015/09/24(木) 17:13:09 | URL | AF冠者 #ErotiftQ [ 編集 ]
美代子さんへ
 あっけらかんと凄いことを言う首相、閣僚、与党議員でした。凄いことと思っていないところが怖いわけです。法律を憲法にあわすのではなくて、憲法を作りたい法律にあわすと国会答弁で言いのけたんです。本人はとんでもないことをいったと思っていなかったんですね。彼らが憲法がなんであるのかを、理解できないまま、国会議員になって、トップに上り詰めてしまった、誰の責任なんでしょうか。
2015/09/24(木) 15:06:33 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 「この夏までに成就させる」と安倍首相は五か月前の訪米中、米議会での演説で安保法成立を約束していました。まだ法案を閣議決定する前で、国民も国会も内容を知らない段階でのこと。これは米要望通りの法制化だと新聞にありましたが、安倍首相も傀儡首相でしかなかったということなんでしょうね。
2015/09/24(木) 13:36:32 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック