FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
安保関連法案裏の狙いは
 戦前、はなはだしい経済格差ゆえの貧弱な購買力が経済成長を抑えましたが、政府は経済・社会改革の道を選ばずに、海外に活路を求めました。
 ならば、戦前と似てきたようです。厚労省調査によると「生活が苦しい」と答えた人は62,4%で過去最高、子供の貧困率も先進国に似つかわしくない地位にあります。
 現政権は格差縮小に向けて累進課税を強化するどころか、消費増税や社会保障カットをしています。その一方、復興税免除、法人減税をして憚らず、改革どころか、格差拡大を助長するのです。
 その象徴が「派遣労働法改正」。これは企業の「労働力調整」と「人件費抑制」要請に応えるものであり、雇用と生活を不安定にする「効果」しかありません。「女性が活躍する社会」もパートなどの低賃金要員としての活用に過ぎません。そして残業代ゼロ法案。
 ここで、私たちは生きる権利が脅かされていることに気付きます。脅かすのは政府であり、社会的経済的強者であり、彼らの「国家」です。一方、彼らの優位を脅かすのが基本的人権であり、民主主義(国民主権・立憲主義)です。
 すでに、これらは無視されています。「憲法をいかにこの法案に適応させるか」(反立憲主義、つまり独裁です)麻生氏の「ナチの手口にまねろ」は失言ではなかったのです。そして大西議員の従わぬ新聞社は潰せ発言。彼らの本心を国民に定着させるための「戦争法案」が見えてきます。
 戦争は人権や民主主義を奪う天才です。私たちは平和主義が奪われると気を揉んできましたが、狙われているのは基本的人権と民主主義のようです。


スポンサーサイト



コメント
コメント
 彼岸花さんへ
 そうですか。同じ意志を持つ個人が集まることはやはり、運動の基本ですね。
 先ほど、東京新聞の意見広告をご覧になった方から、電話があり、地元議員に抗議のファックスを送ったことをお知らせいただきました。これから、その文面をブログにのせうるご了解もいただきました。アップします。
2015/07/03(金) 10:32:49 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
スキップさん、おはようございます。
ここにお書きになっていらっしゃること、本当にその通りだと思います。集団的自衛権行使を含む安保法制の違憲性が今議論の中心になっている感がありますが、本当に問われているのは安倍政権の政治手法、主権在民と立憲主義、そして基本的人権の搾取ということなのではないかと私も思っています。
今回法曹関係の人々や憲法関係の学者たちが大勢声を上げてくれているのも、そこに危機感を抱いていらっしゃるからではないかと思います。
自民党による改憲に反対するのも、何も9条に限ったことではなく、主権在民の根本を崩そうとしている改憲案だからこそ。その思想の低劣さに猛烈な怒りを覚えるからですね。

スキップさん。私、地元の九条の会のかたに連絡とりました。今度学習会に参加させてもらうつもりです。地元自民党議員への公開質問状も出すとか。
とにかく動いてみたいと思っています。
ありがとうございました。
2015/07/03(金) 06:47:48 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック