FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
海外派兵戦費財力はあるのか
 成立を急ぐ戦争立法。集団的自衛権は、政府が「武力攻撃を受けたと同様の深刻、重大な被害が及ぶ」と判断したら、国会の承認なしで発動できます。要は、海外に出て行って殺し殺される世界にのめり込むことに違いありません。
 戦争を正当化する場合、必ず、美しい造語がなされます。「大東共栄圏」「八紘一宇」今回は「国際平和貢献」誰も反対はできません。しかし、これが強国の利害絡みの戦争であること、「平和貢献」による市民犠牲に目を向けねばいけません。
 加えて、1000兆円の借金を抱える政府に海外派兵戦費負担余力があるのかが疑問です。国債は国民金融資産があるから心配ないと言われていましたが、今や日銀が買い支えています。ここでも神話が壊れだしています。
 わが国が財政破綻した時の国際的破壊力は甚大です。それは回りまわって途上国の弱者に襲い掛かるでしょう。ならば今、わが国が成すべき国際貢献は派兵ではなく、財政破綻回避です。なのに「戦争の火種をつくり法制化」自作自演の戦争への道です。

スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 そうだと思います。前にも申し上げましたが、1000兆円の借金を返す方法は財政破綻して、超インフレを起こすしか方法がありません。これは実質、国民の金融資産を国がすべて吸い上げるのと同じ結果になります。貯金は限りなく0に近づきます。100倍のインフレでも100万円が1万円にしか使えないのですから。でも、国の借金は1000兆円が10兆円になります。これって、方法が違いますが皆預金を税金で取られたのと同じです。振り込み詐欺より巧妙です。
2015/04/28(火) 12:15:51 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
>ならば今、わが国が成すべき国際貢献は派兵ではなく、財政破綻回避です。

↑仰る通りだと思います。安倍首相はまるで日本が裕福な国みたいに、お金をばら撒いていますが、それは皆国民の負担になるんですよね。いざとなったら国民の財産を取り上げればいいと思っているのでしょうか。資産家はもう財産を外国に移してしまっているとも言います。借金の殆どは円建てなのでお金を刷ればいいそうですが、結局はハイパーインフレとやらで、あっというまに裸にされるんでしょうね。政府に抵抗するために物々交換で生きて行きましょうか。
2015/04/24(金) 20:51:29 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック