FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
「時代を超えて」を買う
 八日市場市(現在匝瑳市)が2000年に発行した、市民の戦争体験文集「時代を超えて」を二冊、購入しました。未だに、買い求めに来る人が絶えないそうです。私も、図書館で借りて読んで、欲しくなったのです。
 というか、「憲法を生かす匝瑳九条の会」の今後の活動の参考にさせていただこうということです。戦争経験者が世を去りつつある今、これからは、私達の世代が、親から聞いた話を子供達に伝える責任があるのではないかと思うのです。その活動をするに当たり、この本は大変貴重です。
 まずは、会員が聞いた戦争体験を語り合う会を開き、市民にも集まっていただき、更に多くの経験談を集めたいと思います。それらを小冊子にし、その活動の上で、小中高生に伝える場を設ける。そんなことをしてゆきたいと思っています。

001 - コピー
  「平和への思い」は千葉県退職女性教職員の会八匝支部(旧八日市場市と匝瑳郡)が2006年に発行した本です。八日市場図書館で奨められました。こんな本もあったんですね。さすが司書さんです。
002 - コピー
 上の記事は2月19日毎日新聞「みんなの広場」に掲載していただいた私の文です。それこそ「いつが正念場か?」「今でしょう!!」と言う気分です。
スポンサーサイト



コメント
コメント
世捨て人さんへ
 戦前との類似性をいうと馬鹿にされることがありますが、さまざまな点での共通性を感じる採ることができないならば、それこそ平和ボケです。石原さんが言う平和ボケとは逆の意味合いになりますが。石原さんのような政治家に好意を持つことが私に言わせれば平和ボケです。
2015/07/18(土) 23:10:07 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
懲りない面々
戦時下に母が隣組の常会に欠席したことが班長さんやら誰かさんやらの耳に入り反戦的?と警察に2日ほど拘留されました。今でいう特保法の適用なのかもしれません。戦争法案も通過してしまうでしょう。日本人は懲りない民族なのです。
2015/07/16(木) 14:49:05 | URL | 世捨て人 #ErotiftQ [ 編集 ]
彼岸花さんへ
 現在、60歳は確かに若いです。7掛けしたら、60年前の人間の年齢に相当するといいますから、私、42歳と言うことになります。しかし、当時の平均寿命は60歳ぐらいだったでしょう。
 ということで、親の年齢まで生きられる保障はありません。いつどうなるか分からないという気持ちでこれからは生きざるを得ません。そうすると遣るべきことを遣り終えて市を迎えたいという気分になるんですね。あせる必要はありませんが、80、90、100まで生きるなどと漠然と考えていることはできないと思うんですね。
2014/03/07(金) 21:05:27 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
こんにちは。
スキップさん。動いていらっしゃいますね。
すごいすごい。
私は停滞気味。いけないなあ…

この記事。いいですね。
私もいつか、この昨年終わってしまった傷痍軍人会のこと、書こうと思いつつ日が過ぎてしまいました。
真夜中にひとり眠れずに起きていらしたお父様。胸中をどんな想いが去来していらしたのでしょう…
ほんとですね。
直接戦争を経験なさった方々は、どんどん去っていかれる…かろうじて戦後の空気を知っている私などの世代のものが、まだ元気なうちに、若い世代に戦争の悲惨を語っておかなくちゃなあ、と心から思います。

2014/03/07(金) 18:04:33 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック