FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
敗戦の宿題今こそ
 「憲法押し付け論」の本質は、押し付け自体よりも、国家体制を奪われたことへの「恨み」と「悔しさ」にあるように思います。その思いが「侵略」を「進出」に改めさせ、「南京虐殺」は虚構と言わせ、東京裁判は正当性を欠くとの不満を燻らせてきたのです。
 安倍首相は、政権を取り戻し、次は「日本」を取り戻すと言い出しました。その「日本」とは何なのか、今や誰の目にも明らかです。麻生副総理の「ナチの手口を真似ろ」発言。要は「国民の知らぬ間に国の根本を変えてしまえ」が主意。つまり「国民主権」への挑戦状です。内閣法制局長官人事は、九条の解釈改憲を行い、集団的自衛権の行使を可能にしようとする方策です。戦争放棄の「平和主義」理想に区切りを付けようとする企てです。そうして特定秘密保護法に「基本的人権」尊重に希薄な本質がにじみ出てしまいました。つまりは、日本国憲法への異議申し立て政権なのです。
 ならば、取り戻す「日本」とは「押し付けられた憲法」以前の、敗戦により「奪われた国家体制」、「天皇制国家」だと言わざるを得ません。自民党が保守ではなく、右翼政党に変質している事実に愕然とさせられます。
 ここに、我らは否でも、遣り残してきた宿題に目を向けることになります。先の戦争は侵略戦争であったのか?戦争責任は誰に、どこにあるのか?農地改革、財閥解体、民法改正、教育改革をどう評価するのか?靖国神社も解体するべきだったのか?日本国憲法を我等の憲法として血肉にしてきたのか?
 NHK会長や経営委員の発言を耳にすると、これらに真摯な答えを捜し求めずにはいられません。この宿題をこなさず、結果、今の政治に追従するわれ等こそを最も、恐れるのです。

スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 私も、弱者切捨てと言う、実は、己の利益追求最優先姿勢に嫌気が差しています。震災後の「絆」が空しく、嘘に感じられるのます。それは、、一方で「自己責任論」が幅を利かせているからではないでしょうか。自己責任論は面倒な人間関係を切り捨てて、しかも心を痛めないためのまじないのようなものです。
2014/02/08(土) 23:15:22 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
AF冠者さんへ
 先の戦争に対して、我々は自分に甘く、人に厳しい。嫌われる人間の最大要素のひとつがこれです。慎み深く、親切な日本人が国家を背負うと変質してしまう。国家とは何かを思わずにはいられません。
2014/02/08(土) 23:09:22 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
 政治家の、政治家による政治家のための政治  ドンカーン

 日本は、いつの間にこんな国になってしまったんでしょうか。人民の意志をもとにして政治を行うことを民主主義というのではなかったでしょうか。
 
 弱者切捨てが始まったようですね。
2014/02/08(土) 17:49:41 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
敗戦の認識
先日の朝日新聞にある方が、太平洋戦争の敗戦のありかた、つまり天皇も国民もすべてが贖罪の気がなかったことが、今日の日本の姿であるようなことが書かれていました。共感しました。
ご奮闘を!
2014/02/08(土) 12:11:15 | URL | AF冠者 #ErotiftQ [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック