FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
真っ当な世の中
真っ当な世取り戻す年
 1月6日「発言」柿沼勇さんの「真の投資家が育ってほしい」を読みました。株価差異をぬっての利益追求ではなく、有意な企業を支援する「真っ当」な投資家に期待するという意見です。
 初値1、5億円を越えたマグロが今年は七百万円台でした。余ったら国庫に返すべき政党助成金を溜め込んでいるとか。「真っ当」でない日本です。
 安倍首相は「日本を取り戻す」近頃は、より具体的に「強い日本を」と言い出しました。なるほど、防衛費増額、秘密保護法を制定、辺野古移転強行姿勢、武器輸出緩和、そして靖国参拝。これが「強い日本」の正体です。
 首相は国民世論に背を向けるのです。それが強い政治家だと勘違いしています。「真っ当」は「真面」(まとも)の意、真正面から向き合うことです。「真っ当」に国民と向き合い「真っ当な日本」を取り戻すよう求めます。

 以上は東京新聞「発言」欄に投稿した文です。以下は最初にブログしたものです。350字との制限がありますから、推敲して減らしました。工夫すればこれだけ短くなるんですね。新聞投稿は文章修行の場です。

 今日、東京新聞の「真の投資家が育って欲しい」と題した柿沼勇さんの投稿文を読しました。安く買って、高い時に売り、差額を利益にする投機ではなく、社会に有意真っ当な企業を選び、支援し勢いづける投資家が増えて欲しいという内容です。
 まさに、そのとおりです。昨年、初値1億5000万円であったマグロが、今年は700万円台でした。余ったら国庫に返すことになっている政党助成金が7億円も議員により溜め込まれていた。触診・問診をせずに、患者の顔も見ないでPC画面だけ見ている医者が増えたとか。真っ当でないことに溢れてしまった日本です。
 と言うことで「真っ当な日本」を取り戻したいと思うのです。「真っ当」とは「まとも」の意です。まともは「真面」と書きますから、真面目に真正面から向き合うことでしょう。人様と真正面から向き合えば、マグロ一本が1億5000万円になるわけがなく、政党助成金を私的に溜め込まない。医者もパソコンではなく、患者にまさに向き合うことでしょう。
 安倍首相のキャッチフレーズは「日本を取り戻す」ですね。しかし近頃、より具体的に「強い日本を取り戻す」と言い出しました。防衛費を増額し、NSC設置法、特定秘密保護法制定、辺野古移転強行姿勢、武器輸出禁止緩和、靖国参拝、そして憲法改定に意欲を隠しません。これが彼の「強い日本」の正体です。「真っ当」ではありません「真っ当」に、国民世論と向き合って欲しいものです。

   
   乱高下評価に揺れる魚ごころ

   死神の人気高まる日本国

   白熊の氷を奪うこの至福

   靖国に誉めて入れるか過労死も

   医師増で患者も増えた精神科
スポンサーサイト



コメント
コメント
 美代子さんへ
 落語に「真っ当な奴」「真っ当な仕事」などと言う言葉が出てきます。高校生のときに寄席で出会い、新鮮な言葉として記憶されました 江戸庶民の倫理観を象徴する言葉ではないでしょうか。
 真っ当な人間が作る健全な社会の中で生きたいですね。それこそが最も安心できる生活になります。
 心の時代といえばいうほど心が蔑ろにされ、絆といえば絆を断つ勢いを助長するのです。ブラック企業といえば、ブラックが逆に市民権を得てしまうのです。やりきれない思いに苛まされます。
 明日、明後日と、町内に不幸がありまして、帳場を担当します。誰もが関わりたくないという奥底を覗かせます。当家もあまり懲戒の関与を期待しません。葬儀屋さんが仕切るようになって、そうなったともいえますが。人の心が先に変わったのか、制度が変わったから心が変わるのか。
 地域が大切といいながら、事実はその逆に舵を大きく切っています。言葉と行動がちぐはぐなのです。ちょっと、暗い気分になっています。
2014/01/06(月) 22:17:42 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
本当に仰るとおりだと思います。安倍首相が段々恐ろしくなりました。強い日本の意味が違いますよね。軍事的に強い日本など、誰も望んでいないと思うのですが・・・
 戦争を知らない世代が、国を牛耳るようになることの怖さを思います。戦争など愚かな人間が考えることです。何があろうとも、戦争だけは繰り返してはならないと思いますね。
 
2014/01/06(月) 19:26:44 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック