FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
未来を転換する創造を
  オリンピックが東京にやってくる、それ自体は胸弾む楽しいことなのです。しかし、素直になれない自分がいます。
 福島では、廃炉どころか汚染水の処理で精一杯、余震でタンク倒壊の可能性も否定できません。海外マスコミが、その福島の危機的状況を報じるその時、安倍首相はオリンピック誘致に夢中になっていました。また、族議員は国土強靭化の名の下、一度消えた道路・橋建設意欲を隠そうともしません。古い政治にしがみつき、国家全体を捉え税金を使いません。
 もし、首都直下型などの地震が起きたら、どうなるのでしょう。世界は、復興費を国債発行で賄うと読み、日本国債を売るでしょう。国債は暴落し、金利は上がり、国家財政は破綻します。しかし、そうなる前に、借金を減らせねばという声が聞こえてきません。つまり、借金千兆円への危機感がないのです。
 今なすべきは、福島原発事故収束に向けて、誰もが納得のゆく道筋をつけること。そして「特別会計をも含めた行財政改革を断行し、「財政の強靭化」を進めることです。しかし、政治は、福島を放置する一方、無駄な公共事業の復活を「国土強靭化」やオリンピックで正当化しようと躍起になっています。この頓珍漢な日本の姿は、土台が腐りかけている料亭の二階でドンちゃん騒ぎをしている人たちと重なります。
また先日、リニア新幹線構想が正式に発表されました。東京名古屋間を四十分で結ぶ、なんと九十%がトンネルだとか。ここまで経済効率に特化した「輸送機」の勘違いは、人間性を無視しているという点で、際立っています。
 そこで思うのは、日本復興・再生の名の下に進められている諸政策が「創造に値するのか」ということです。「国土強靭化」は創造どころか、消耗以外の何者でもありません。「経済成長・効率最優先は人間を大切にしているか」が問われてきましたが、「こころの時代」は、益々、遠のいています。そして、憲法改正は、自民党憲法改正案を見る限り、創造ではなく「回帰」に過ぎません。
 バブル崩壊以後の政策は、改善をもたらしませんでした。ならば、創造の種は、今までの正反対の理念や政策の中にあるのではないでしょうか。経済成長に替わる理念や、経済格差を解消する政治の創造です。しかし、安倍政権は消費増税分を、社会保障や借金返済ではなく、経済対策という公共事業と企業の復興税免除分に当てようとしています。欠陥を増幅することを「改革」といい、市民が信じる普遍的価値の破壊を「創造」といっているように見えます。
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 雨上がりのすがすがしい朝です。とミルクテイーを飲んでいると、ぼー君が草を食べています。少し間のあと「あそこに居るるわけがない」綱が切れたな」あわてて、向かうと、ぼーは門のほうに走り出していました。
 「ぼー待て」というと躊躇しながらも、止まりました。よく自主的散歩に出なかったなと、安心感心。以前なら「脱走」しました。この言葉がぴったりな走りぶりなのです。
 しかし、今日は止まりました。勝手に、信頼が深まったのだ、ぼーも円熟の年になったのだ、などと感じとりました。

 駄文を読んでいただきありがとうございます。これ何と、3時間半かかりました。推敲何度も何度も繰り返しました。PCのありがたさを実感。壊れていたときには、書き直さねばなりませんからね。PCはそれをいともも簡単に、させてくれます。
 最上級のほめ言葉、ありがとうございます。週刊金曜日に投稿しました。載りましたら、お知らせします。その号だけでもお買い上げください。
2013/09/24(火) 11:19:02 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
仰るとおりです
今日も、ブログを拝読させて戴いて胸がすかっとしました。全て、仰るとおりだと思います。税金の使い方の優先順位が間違っていると私も思います。

腐った料亭でのドンちゃん騒ぎ・・・全く同感です。さすが川柳作家ですね。上手い!

って喜んでる場合ではないんですね。笑)福島のことを思うと、胸が痛みます。汚染水は、我々にも関係することですからね。今年も残り三ヶ月と少々となりましたが、ますますの筆の冴えを期待しております。

2013/09/24(火) 10:17:59 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック