FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
高貴な政治求む
上杉謙信が武田信玄に塩を贈ったという有名な話があります。相手も実力を発揮してこその勝負との美学です。自分も「真似できるか」と心揺さぶられます。
 一方最近、「真似してはいけない」と思わされる事件が続きました。安倍首相が日銀法を改定するとの脅しを掛けて、日銀に2%物価目標を柱とする金融緩和を飲ませた事件。また、橋下大阪市長が教師の総入れ替えと体育科の入試を止めなければ、予算を執行しないと、大阪市教育委員会に釘を刺した事件です。
 この二件に共通しているのは「こうすれば勝てる」と予想できることを躊躇なくやってのけていることです。卑しいことです。しかし私達は、相手を「しざるを得なくしてしまう」なら、「してはいけない」という文化の中に育ちました。力ある者は「力あるが故に使わない」高貴な生き方です。
 ここでおかしなことに気付きます。本来、政府に対して日銀は対等な独立機関であり、教育委員会も一般行政からは独立しているはずです。しかるに、力を行使しています。つまり、これは出来事ではなく「事件」なのです。
 時を同じくして、安倍・橋下氏が「事件」を起こしたのは偶然ではないでしょう。両氏は「憲法改定の論客」であり「南京虐殺はなかった」と発言、侵略戦争という戦前への反省がありません。ですから、戦前の反省から生まれた日銀・教育委員会の独立規定にも無頓着なのです。
 橋下市長は体罰を是とする発言をしていたと言います。それが一転、体罰教師をたたき、正義の味方になって現れるのです。上に立つ者こそ高貴さが求められます。「歴史に学ばない国民は滅ぶ」との吉田茂の言葉も送りましょう。
スポンサーサイト



コメント
コメント
美代子さんへ
 偉い人は高貴ゆえに偉かったんですがね。卑しいことを平気で出来る人が、それゆえに、権力を手に入れ、卑しい政治をする。これが今の日本です。まともな自民党議員は落選していますね。加藤こういちさんのように。悪貨が良貨をを駆逐するですね。
2013/01/25(金) 10:54:05 | URL | スキップ宗林 #- [ 編集 ]
力ある者は「力あるが故に使わない」高貴な生き方です。<

↑全く同感です。あ、ピンポーン。来客です。また後で。
2013/01/24(木) 16:04:23 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック