FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
職員会議採決復活を
 生徒が自殺した件で、川西市の県立高校は生徒への説明の場では「不慮の事故」とさせて欲しいと、被害者の保護者に求めていたとの報道がありました。道理を見失った、不甲斐無い姿勢に苛立ちます。
 同じような苛立ちを覚えたことがあります。横浜から千葉に移った時です。横浜の学校では、職員も生徒も自由闊達で生徒職員の「成長」を目的にしていました。それに対して、重く硬い体制への、無条件の同化を強いる、自己規制という「秩序」を目的としていたのが千葉でした。
 この差はどこから生まれてくるのか。答えは最初の職員会議で分りました。議長は職員選挙による議長団ではなく、教頭が行い、さらに、多数決による採決がないのです。会議は静かなものです。反対意見がなく、原案通りに決まるのが理想の会議とされていました。原案に反対すると後で、幹部達に囲まれて糾弾されることも起きたのです。
 職員会議と学校の活気とどう関係があるのか。それは簡単です。自分の一票で、会議が決まるかもしれないのです。ですから、真剣に意見を聞きくことになり、自分の意見も生まれます。初任教員にも「若い先生の意見が聞きたい」とむしろ期待されました。職員会議は責任に緊張し、先輩の意見や見識を学び、己を作る成長の場でもあったのです。
 学校での民主主義とは「一人一人が校長のつもりで考え、発言し、行動することだ」先輩の言葉です。その民主主義が機能せずにいる現在、民主的であれば問題がないとは思いません。しかし、今でも、民主主義以上の原理はありません。ですが学校では、言葉だけで済ませない民主主義は今や危険思想なのです。
 「学校は変わってしまった」「自分も早期退職したい」旧同僚たちの声です。神奈川県立高校でも千葉方式が浸透、それは東京も同じです。都立三鷹高校の土肥元校長の事件がその例証です。校長の裁量権を狭めに狭め、教育委員会の権限を強める動きは、中央集権の弊害が明らかになった今、時代に逆行しています。
 退職する直前の校長は私の質問に「教育委員会の言う通りにするのが私の仕事です」と言い切りました。今回の「自殺」を「不慮の事故」発言には教育委員会の影が付きまといます。職員会議で、職員の声が反映されれば、生徒の死をうやむやにする、尊厳を傷つけるような結論は避けられたのではないでしょうか。
 職員会議での採決を校長が判断して学校の決定にする制度の復活は各学校の実情に合った教育を可能にすることでしょう。職員会議を通じた団結で、生徒の成長を目的とした学校を再生したいものです。出来ないことはありません。民主主義の学校には職員の数だけ校長が居るのです。
スポンサーサイト



コメント
コメント
Re: タイトルなし
> こんばんは。だいぶ寒くなりましたね。
> お元気でいらっしゃいますか?
>
> 教育の現場がこういうふうでは困りますね。
> いったいいつからこんなことになったのでしょう…
> そしてそれはいったいどこから来ているものなのでしょう…
>
> 国の根幹を作るのは教育だと、私は思っています。
> その教育に、最近の政治は変なところで危険な手出しはしてくるけれど、
> 肝心の大事なところにはお金もエネルギーも注ごうとしませんね。
> 現場の教員たちは苦しむばかりです。
>
> ぼーちゃんも元気ですか?^^


 ご返事遅れに遅れてしまい済みません。また、悪い癖が出まして。歴史検定に気を取られ、ブログサボっていました。
 10月2日の記事ですね。今の日本は、自滅しようとしていますね。国のために、会社のために犠牲になることを美しいと観る人が多すぎませんか。これだけの不景気のなか、またも、上場企業上位20社合計で内部保留金が数兆円増えているんですね。どんな情況でも大企業は利益を出せる制度になっているということです。役人を日野丸親方といって、批判侮辱していますが、大企業もそういう甘い保護の中にいることがはっきりしてきました。
 今回の選挙ももちろん共産党に投票します。上のことをはっきり主張しているのは共産党と社民党だけですね。新聞が言わないことが許せませんね。東京新聞も、明確に入っていませんね。残念です。
2012/12/04(火) 11:21:23 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 八角先生
>
> こんにちは。
> 昨日、部屋の整理をしていましたら、父から送ってもらった新聞の切り抜き記事が出てきました。
> 2008~9年くらいだと思いますが、「結婚に際して、役所や金融機関への届け出が時間がかかり一苦労だ」という投稿記事を、当時結婚をしたばかりの私に送ってくれたものでした。
>
> なんとその記事の次の段落は八角先生の投稿でした。
>
> 父は八角先生の事は存じてませんでした。
> 全くの偶然です。
> びっくりしました。
> 雨上がりの空気が気持ち良いですが、寒くなりつつありますがお元気でお過ごしください。
>
> 草加ヒロ

 ご返事大編遅れてしまい、失礼いたしました。また悪い癖が出てしまいました。二か月ブログを開かずにいました。歴史検定の準備に気が取られて、他をやる気が薄れるんです。済みませんでした。
 そうですか。そんな偶然があるんですね。驚きです。確認しましたらそれらしき記事が分りました。何か不思議ですね。縁があるんですね。私等は。
 企業経営がますます、厳しくなっているようですね。甥なども、まだ半年なのに、すでにサラリーマンになっていますよ。「うちの会社}なんて言うのを聞くと、どっきとしますね。昨日を風邪をおして会社に行ったようです。体制に飲み込まれないことを祈るばかりです。自分を一番大切にしていいんですがね。寒い日が続くのでしょう。体を温めて!!それではまたです。
2012/12/04(火) 11:11:50 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> スキップさん、どうもです。
>
> ラ・フランスご注文ありがとうございました。
> 大変遅くなりましたが、発送させて頂きました。
> もう、到着しましたでしょうか?
> 何かありましたら、ご連絡ください。


 こちらこそ、ありがとうございました。今年も大変好評です。姉が「すぐに食べられる物と、時間を老いた方が良い物と半々に入れてあるのね」姉も気付いたようです。心配りありがとうございます。叔母などは「もったいないので、半分づつ食べているのよ」だそうです。
2012/12/04(火) 11:03:20 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/29(木) 09:09:10 | | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/13(火) 12:34:35 | | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/28(日) 01:05:53 | | # [ 編集 ]
 美代子さんへ
 いつの世も矛盾に満ちているというのが真実・現実ですね。それを前提にして、事に当たらないと、負けてしまいます。現実に絶望していれば、どんなことが起きても驚かないから、戦い続けられます。「そんなはずではない」では戦う気力を奪われますね。
 力を持っている者がその自覚がないまま、それを行使しているということが一番怖いことです。自分もそういう時期がありましたが、力を自覚しない教師が多くいますね。
2012/10/06(土) 17:28:01 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
まあ。。。
スキップさん、学校側も大変といえば大変ですよねえ。虐め問題が起きると、まず、学校が責められますからね。

しかし、生徒が一人死亡しているのに、不慮の事故としてくれとは・・・ご両親にしてみればとても耐えられないことですね。

教育現場がここまで歪んでいるとは思いませんでした。教育委員会も病んでいるんですね。何だかぞっとしました。
2012/10/03(水) 15:00:48 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 生徒が自殺した件で、川西市の県立高校は生徒への説明の場では「不慮の事故」とさせて欲しいと、被害者
2012/11/20(火) 05:20:33 | まっとめBLOG速報