FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
「国民の生活が第一」を振り返る
 民主党政権が掲げた「国民の生活が第一」はそのマニュフェストが次々と反故にされ、政治主導は挫折、「コンクリートから人へ」はどこへ、八ッ場ダムも生き返り、北海道新幹線も工事を開始することになりました。今思うに、この動き、閣僚人事に読み取るべきだったようです。
 鳩山内閣は千葉景子氏、菅内閣はゼロ、野田内閣は小宮山洋子氏、漣ほう氏のみ、女性を起用していません。しかも、以前より女性向とされてきた部署配置です。漣ほう氏の少子化、男女共同参画担当はその露骨な表れです。
 「生活が第一」なら、誰の声を重要視するでしょうか。財界でもアメリカでもなく、まして閣僚ではないでしょう。生活を見詰め調整し、決定し動かしているのは誰あろう主婦です。しかし、その声を集めたという話は聞きません。原発に関しては、公聴会を開き、曲がりなりにも、真剣さと危機意識を見せようとしましたが、「生活」に対してはそれさへなかったのです。
 本気なら、財務、経済にこそ女性を起用するはずなのです。ずぶの素人を財務に充てるなら、民間に優秀な女性有識者がいただろうにと思うのです。この発想を持っていなかったことは女性の能力や、主婦が持つ社会性を認めず、それと結びつく生活を軽く見ていた証拠です。
 政治家に私利私欲や党利党略を隠そうともしない醜態を見せつけられてしまった今、「国民の生活が第一」に「国民の」が余分であったのだと思い知るのです。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 これだけ、女性の力が物を言っている時代なのに、政治経済の世界では、未だに、女性に実権が移っていません。無能な男が重い責任を背をわされているよりも、有能な女性にまかした方が楽でしょうにね。
 確かに、女性が国会議員の半分いたなら、借金大国にはならなかったと思います。女性はがめ、いや、見栄を張りません。実利に生きますね。借金の利子を払うだけでも損と感じるのではないでしょうか。ということは自分は女性的なのか。
2012/08/29(水) 11:59:17 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
女性の活躍を
議員の半分は女性が占めるべきだと思います。国民の生活を守るために政治があるのですから。男性ばかりだとどうしても偏った政治になるように思います。

>財務、経済にこそ女性を起用するはずなのです

家計のやりくりは、ちょっとしたコツが?あります。スキップさんが仰るように、財務、経済に女性を起用していたなら、1000兆円もの借金は出来てないと思います。。。ただ、無駄遣いは細かくチェックし、目を釣り上げてヒステリックに抗議すると思います。笑)

能力のある女性には、もっと活躍して頂きたいです。
2012/08/29(水) 09:51:40 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック