FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
戦争反省覆す発言を封印
 尖閣・竹島領有問題を原因に中国・韓国関係が悪化しています。その基底には、日本の過ちとその謝罪に対する、払拭されない恨みと不信があります。
 確かに、サンフランシスコ講和・日韓基本条約、日中共同宣言、村山首相謝罪などで解決済みです。しかし、これらを台無しにする発言が後を立たないのも事実です。
 「侵略戦争ではなかった」「南京虐殺はなかった」「植民地化や従軍慰安婦は彼等の意志だった」これ等が有力政治家から飛び出すのですから、先日の李明博大統領発言となるのです。韓国内事情を思えば、言わせたのは韓国世論です。韓国人は日本の政治家発言を国民世論と捉えるでしょう。愛国者を自認する人々が国を、尊敬する天皇を貶めていることに気付きません。
 彼等は「日本が悪かった悪かった」と言い続けるのは自虐的だと言います。しかし、そうでしょうか。例え相手が許したとしても「自分で自分が許せない」ことがあります。これは倫理と厳しく向き合う人間尊厳に関わり、己の誠実さを問うことでもあります。
 日本人が過去の過ちから逃れることは、人間を人間たらしめる尊厳感覚を忘れることであり、人間を捨てることです。ですから、日本は尊敬もされず、謝罪が口先だけと見られるのです。今、まずなすべきは反省を自虐的と見ることの封印です。これは言論弾圧ではなく、ドイツがナチズムを制限するのと同じことです。人間的高貴さを守ることです。
 ならば、中韓の反日抗議運動から感情的な怒りは薄らぐでしょう。そして、侵略戦争と切り離して、領土問題を語り出すのではないでしょうか。怒りからは建設的な発想は生まれません。今回の五輪選手達の言葉を思い出してください。ヘアープレイは相手への尊敬から生まれます。
スポンサーサイト



コメント
コメント
 美代子さんへ
 暑いですね。それでも、エアコンを使うということに気付かない自分な何なのでしょうか。陸君と珠ちゃんとの勉強会の時は気付くんですね。
 今日の東京新聞に、五輪招致の最大のネックが石原さんだということが書いてありました。欧米は勿論、今や、アジアの国も人権意識は高まっています。下手したら、日本人の洋が低くなっていませんかかね。
 アジアの国々の好感を得なければ東京オリンピックの実現が難しいとはその通りでしょう。石原さんの女性、障害者、アジアに対する差別意識は筋金入りです。彼の発言を野放しにしていることは国際社会において軽蔑されはすれ、尊敬はされませんね。
 またため息が出ます。ため息の数だけ年を取ると言います。注意注意!!
2012/08/22(水) 22:00:50 | URL | スキップ #- [ 編集 ]
読みながら
スキップさん、お暑うございます。でも、吹く風はもう秋ですね。今日のブログ、背筋を伸ばして読ませて頂きました。

>人間を人間たらしめる尊厳感覚

↑そうですね。これが世界中の人間から失われつつあるように思えてなりません。

韓国も日本もなく、間違いは間違いとして認め、二度と同じ間違いは繰り返さないということが大切なんだと思います。そして、間違いを認めて謝罪したなら、二度とその問題をほじくり返さないことも大切ですね。

2012/08/22(水) 10:36:35 | URL | 美代子 #1Nt04ABk [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック