FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
民主主義の本義
 小学校の学級会の時に、いつも不安なことがありました。それは「多数決が原則だが、少数意見も尊重しないといけない」という矛盾への戸惑いです。
 後に、少数意見の尊重とは「現在の多数派が、将来、少数派が多数派になる道を保障すること」と知りました。これで、上の矛盾は解消されましたが「決定の仕方だけが民主主義なのか」との疑問は残りました。「民主主義は手続きがすべてだ」というのですが、どうなのでしょうか。
今、多数決ばかりを強調する風潮の中、「多数は力」が「多数は正義」へと変貌しています。ですから、野党との論議は軽視され、国会から市民を代表する機能が失われています。自己責任論を言う強者を代表する政権が「正義」の名の下、独裁するのです。「民主」とは市民が主人公という意味です。これを裏書きするのが基本的人権であり、人権を奪う天才である戦争を放棄する平和主義へとつながります。人権が民主主義の思想なのです。
 こう考えると、近年の息苦しさの原因が見えてきます。自民党や日本会議国会議員懇談会関係等の会合では、彼らの本音が飛び交います。例えば、稲田朋美元防衛大臣「国民の生活が大事なんて言う政治は間違っていると思うんです」「日本だけが道義大国になる資格がある」長勢甚遠元法務大臣「基本的人権・国民主権・平和主義を堅持するという党憲法改正草案に不満だ」立派な右翼思想です。
 安倍一強に従っていたら、市民が政治の前提としている民主主義が壊されてゆく。ならば、多数決は手続きに過ぎず、民主主義の本義は人権にあると確認し合おうと思うのです。が、すでに私達は他国に先駆けて、右翼政権の支配下にあります。

スポンサーサイト



東京新聞「時事川柳」に送る
 今週は以下の5句を東京新聞「時事川柳」に送信しました。二週連続では載せないようですから、それに挑戦です。


    倍増は所得ではない消費税

    最悪を最長にするアベ時代

    何時の間に土足で添い寝する戦

    戦犯が隊員を待つ九段坂

    報道よグクもいいけどアベ加計は
最新の船橋ヒロさんのコメントをご覧ください
 またまた、ヒロさんが動画を寄せられました。是非観てください。というか、診てくださいと言いたくなるほど病的です。周りがみんな悪なのだから悪を行わねば損だという本音が見えます。森加計事件を起こすわけです。速く退陣に追い込まねばいけませんね。
 今朝の東京新聞一面トップは275万トンのトウモロコシを追加購入するとのトランプ大統領との約束に、応える飼料会社が一社もないことを報じています。これもしかしたら命取りになるかもしれませんね。ここに安倍一強のおごりとその弊害が見事に可視化しています。これでも安倍内閣支持を続けるならば、日本人も相当焼きが回ってしまったというしかないです。ハイ。
 今日は没になった川柳を添削したのを発表いたします。


     切なさが長引くだけの長寿国

     九条の会英霊も名を連ねたい

     戦犯が隊員を待つ九段坂

     戦前も再稼働するアベ政治

     武闘派の文民に武官統制

     日銀に爆薬を積む「好景気」
健康診断に行く
 昨日は、 市の健康診断が今月末までというので、八日市場街中の伊藤病院に行ってきました。尿検査の結果はすぐに出たようで、糖もたんぱくも出ていないとのことです。体重は1キロ減ってしまいました。慢性胃炎のせいでしょう。身長は変わらずの168,5センチ、高校生の時に169,8ありましたから、1、3センチ低くなったことになります。ちじまったのではなく、薄くなったのが原因のようです。触診の結果、内臓、甲状腺、リンパ腺に異常はないそうです。後は、血液検査の結果待ちです。まあ、一安心です。

   
   倍増は所得ではない消費税

   失言で予告をしてる安倍政治

   平和かな戦争へ向く平和でも

   安保から抜け落ちている食安保

   マイナンバー電話ではない我が命
九条の会の仲間が外壁の応急処置してくれました
 お見舞いの電話をいただき、恐縮しています。外壁が壊れた、雨漏りがした、瓦が数枚動いたとご報告いたしました手前、追報告させていただきます。
 15日日曜日の朝、九条の会の仲間のSさんから電話があり、隣町の横芝光のボランティアセンターで、ボランティアの受付をしていただけませんかとのお誘いを受けました。特に用事もなかったので、お引き受けしました。12時で受付が終了、家に帰ってくつろいでいた5時過ぎに、SさんとKさんがやってきて「外壁の応急措置しますよ」とのこと、驚きました。完璧にしていただき、お茶も飲まずに、お帰りになりました。テレビ番組の正義のヒーローのように速やかに去ってゆきました。
 Kさんは私の前に3軒の修繕をしてきたとのこと、これも驚きました。このような助け合いを多く聞いております。親戚の家で風呂をいただいた、昼間、知人の家のクーラーで涼んだ、隣のご老人におにぎりを持っていたなど、切がありません。この地域は、まだ、人と人の付き合いがあるのだと知らされました。人々は敏感に動いているのです。なのですが、

     行政の鈍際立てる民の敏

     ウソ続くオレオレフェイクシート張り

     海の青赤に染まりし千葉の地図



     追従の果てが招いた石油危機

     八年の刑で終わるか母の悔い
家の修繕50件待ち
 9日未明の台風最接近で、我が家には雨漏れと外壁の損壊があったことをお知らせいたしました。ご近所の建設会社宅に修繕の依頼に参ったところ50件ほどの依頼がすでにあるとのことでした。次の台風が来る前には修繕ができるといいのですが、どうでしょうか。
 それよりも、この国と社会の修繕の方が火急で、深刻な課題です。全身に癌が蔓延しているにもかかわらず、それに気付かずにいる患者のようです。

    滅ぶ道進んでしまう滅ぶ者

    星追わずミサイルを追う天文へ

    香港の危機他人事かオリンピア
台風にやられる
 皆さんの地方は台風どうでしたか。我が東総地方は、大分やられました。今日、お会いした方や電話を交わした方の全てが被害を受けていました。瓦が飛んだ、雨漏りがした、外壁が飛んだ、電気がまだ来ないなど、このすべてか、その一部です。
 我が家は外壁が飛び、雨漏りがひどかったです。修繕に時間がかかりそうです。順番ががなかなか回ってこないことが予想されます。
 昨夜は一睡もできませんでした。屋根が飛ぶのではないか、庭木の欅が倒れるのではないか、恐怖を感じておりました。外を覗くと、欅が90度近く曲がって揺れています。竹は先が地につかんばかりに揺り動かされています。伊勢湾台風以来の恐怖でした。
 確かに台風、恐怖だったのですが、今日の船橋ヒロさんからのコメントは怖いから怒りに変わる動画です。是非、見てください。最新のヒロさんからのコメントです。


 野分後は被害のほどを競い合い

 台風は近づいているこの眩暈

 15号生命連れ去り暑さ置く
   
 香港の自由を守るデモ暮し

 反日のグクの手本はアベグレー
二つの反日
 元徴用工への賠償を日本企業に命じた韓国大法院判決が、日韓両政府の関係悪化を決定づけました。しかし、元徴用工の方々は賠償よりも反省と謝罪を求めています。それは元慰安婦の方々も同じです。
 そこで思い出します。1994年の河野談話が国家的強制連行を認め、元慰安婦への反省とお詫びをし、1995年の村山談話、1998年の日韓共同宣言で植民地支配への反省とお詫びを発表したことです。つまり、日本政府が戦前日本を否定しているとの明示であり、反日本帝国主義の表明です。これが両国関係を良好にしました。
 しかし、2013年、安倍政権は河野・村山談話を見直すと言い出しました。一度認めた戦前の侵略と植民地支配への反省を白紙に戻すと言い出したわけです。実は、これが今回の関係悪化の出発点です。
 ここで思います。反日は、正確には、反日帝=反日本帝国主義ではないのかということです。反日教育も反日帝教育です。ですから、韓国に日本の反省を疑わせない限り、韓国から反日帝=反日は消えます(もちろん、例外はありますが)。
 しかし、もう一つの反日は残ります。この反日は、日本政府が戦前を否定すればするほど、いきり立ちます。そう、右派勢力です。彼らは戦後の日本は嘘の日本で、本当の日本はそれ以前にあると信じています。韓国の反日は反日帝ですが、日本の反日は親日帝です。
 日本の反日の代表は右翼団体「日本会議」です。その支援団体である日本会議国会議員懇談会に、安倍首相をはじめ280名ほどが所属しています。戦前の否定から生まれた日本国憲法に反する主張を持つ日本会議を国会議員が支援する。韓国の反日が続く大本はここにあると考えますが、どうでしょうか。

東京新聞「時事川柳」に送る
 毎日のニュースに苛立ち極まりぬ

  これが私の生活です。鬱の原因は人間関係とか生活苦や事故や病気ではないのです。そこで、川柳が憂さ晴らしになってはいけないと言い聞かせているのですが、実際はそうではない自分にも苛立っています。575で政治と時代を斬りたいのですが。



     宇宙軍どうして敵は地球人

     増税は呆け防止策なのだろか

     失言は本音を隠し撤回す

     日本では歴史でござるストライキ

     相違をば偏向とて口封ず。