FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
母の言葉に救われる
 92歳になる母はグループホームで生活しています。相変わらず、食事を摂りません。姉弟と訪ねています。
 未熟さゆえに、母の介護に追い込まれてしまった私を、見兼ねた姉が見つけ出した施設です。有難いことに、母は「ここが一番いいよ。優しい人ばかりだからね」と言います。施設の方々の仕事に対する姿勢の賜物と感謝しております。
 小さくなってしまった身体をベッドに包める母。顔色が良いように感じましたので、そう言うと「悪いところはないの。百歳まで生きるからね」と応えます。悪いところだらけで、食事も摂らない母のこの言葉に、施設の方々も大笑いしました。
 何時「お別れ」が来るかと、不安に見守る子供たちです。それはそうなのですが、無邪気にこのように言う母の言葉に救われる思いがしたのです。そんな笑いでした。

        食絶えて痩せ行くままの母ゆえに
                 百を生きると皆を笑わす




  一輪の差を競い合う花だより

  トランプに顔赤らめる平和賞

  闘わぬ春闘の旗色褪せり

  大人にも広がり言わぬ三無主義

  人でなくスマホが座る電車内

  積極的に武器を備える平和主義

  動くほど世をおとしめる政治なり
スポンサーサイト



毎日に散歩が億劫に!!
 毎日の散歩が億劫になってきました。体力の衰えと言ってしまえばそれまでなのですが、気力の衰えも加わってのことだと思います。二日間、散歩をしないでいたら、次郎が引きものにしている毛布を、小さな唸り声と共に、噛み始めました。ストレスです。これを書き終え、東京新聞に川柳を投稿したら、散歩です。


   基地などに敗けるはずない玉の城

   人材は育てるでなく使い捨て
究極のブラック企業コンビニ各社
 タイトル名、今さら言うまでもない周知の事実ですね。上の姉夫婦がコンビニ経営をしています。もう三十数年やっています。経営者と言っても、独自の経営方針を決める権限が与えられていません、求められません。求められるのは長時間労働と過剰労働という経営努力だけです。見聞きしていると腹が立ってきます。


    契約は黙らせるのにコンビニエンス

    フランチャイズという名前の植民地



    外人を県議で呼ぼう人不足

    イーデスとは言えぬ無駄な二千億
ここのところ不調です
 575が採用されません。どこが良くないのか、ご判断を仰ぎたく、最近没になったものを並べます。

    韓に弱く米に強く出てみたら

    失言の他注目がない大臣

    ストは無し端から勝つ気がない労組

    見せ掛けで無能を隠す癖が付き

    九条の他にも広がる安倍違憲

    失敗も支持と言わねばならぬ仲