FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
次郎君と初夏の庭
 昨日は、初夏の風の中、葉を大きくさせた欅の木陰で、次郎は遊び疲れを癒しておりました。そこで今日は、次郎を詠んだ俳句川柳短歌をノートから拾ってみたいと思います。
まずは、最新作

     愛おしさ言わずに初夏の犬を撫で
IMG_2685.jpg IMG_2686.jpg

     万緑の犬の白さや空の青
IMG_2697 - コピー

     緑陰の光一条犬照らす
IMG_2691 - コピー IMG_2692 - コピー


     夕立や犬は寝床の奥に詰め

     愛犬の異変とばかり駆けよれば
              散歩を誘う背伸びと欠伸


 IMG_2694 - コピー IMG_2693.jpg

IMG_2688.jpg


    
スポンサーサイト