FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
門松やお飾りを迷う
 「あけましておめでとうございます」と入れない年賀状を初めて投函しました。同じ心が門松やお飾りを止めようかと言ってきます。が一応、買い求めてきました。平穏な生活を願う気持ちは時流ゆえに、より強いわけですから。
 22日に父の弟の連れ合い=叔母が亡くなりました。これで、父方の伯父叔母はすべてなくなりました。母だけが存命です。その母は1月2日で90歳になります。叔母は肺炎を起こし、治療のための抗生物質が腎不全を起こし、亡くなりました。母には嚥下障害がありますから、同じことが起きるのではないか心配です。


     誰もかも土台揺らぎを直視せぬ
             どうして新年を祝えるだろう
                  とし

     誠実を愚か無能と笑う世は
        軍国主義のごと終わるだろ


     闇なるか白一色の雪景色

     冬椿大胆な紅そっと落つ

     雀だに啄むはなき霜降田
スポンサーサイト



今年最後の時事川柳投句
 12月24日が東京新聞今年最後の時事川柳になるはずです。それに向けての投句をいましたところです。10月1日以来採用されていませんので、期待しているのですがどうなることでしょうか。3句

     オスプレイ事故も訓練の内なり

     安倍小池成果膨らむ記者会見

     事故起こし安全を説く押すプレイ
年賀状投函の準備終える
 ようやく、年賀状の郵送準備が終わりました。次は水神様のお札配りです。明日は、我が家での九条の会忘年会、24日はサタデースクール。これで、一年が終わります。大掃除、門松飾り、墓参り以外の新年を迎える準備はしません。
 正月はお節を止め、雑煮とエストエストのオードブルだけにします。文化が薄れる私の正月です。いけないと思いつつ、独り身ですので、正月文化を守る意味がないのですね。
 そんな生活に甘んじている自分が驚くのが歳時記の厚みに詰め込まれた庶民文化の豊かな暮らしです。経済的には私のが豊かなのでしょうが、歳時記の世界に生きる人々の暮らしの豊かさは現代生活に不足する精神性をも教えてくれます。


     歳時記の厚味豊かな暮らしなり


     懸命に生きるがほどに恥多し



     木枯夜足を速める咳払い

     こぞなりし餅に残りし指の跡
今年の短歌自選5首
 今年は短歌に挑戦、43首創ってはみました。が、人様の鑑賞に堪えるものはどう選んでも5首しかありません。一応短歌になっているのかな、という5首です。

     父の死に挨拶でないありがとう初めて放つ己に気づく

     道徳を九九のごとくに覚えさせ哲学させぬ人間させぬ

     稲の花知られず開きまた実る見せ掛け嫌う農夫のごとく

     父の目に再び問えば生きる意志ただ一粒の巨峰に託す

     諦めるために頑張る試される若さ残酷迷いの中で

 今日は、朝はどんでもなく寒かったです。田んぼに氷が張りました。昼間は風もなく暖かい好日とあいなりました。サタデースクールを終え「海市」さんで秋刀魚焼き定食をいただき、ふるさと市場で買い物して帰りました。次郎が散歩を待ちこらえている様子なので、出かけました。
 帰って、ボール遊びをして、椅子を出して、次郎と庭で来るろぎました。見上げると、葉一枚とない欅の枝が逆三角形に広がっています。そこで一句

    みな落葉骨筋晒す欅かな
2016年自選俳句10
 今年、178句の俳句を作りましたが、大半は、俳句の名に値しないものです。創った翌日見返すと、これのどこが良かったのかと、驚かせれることが多いんですね。今月作った句が5句入りました。


     寄り添うは菜の花のみの戦没碑

     つつましさ貧しくはない茄子の花

     若冲の牡丹の彩の苗植える

     心太舌滑らせて発音す

     嵐去りまた鳴きじゃくる蝉しぐれ

     巻き風にやがては集う落葉かな

     木枯らしや片手を庇い歩く猫

     日向ぼこ白毛ふくらむ犬と居る

     堅い羽根飛ばずに背負う冬の蠅

     雪見舟眠る季節の夢の中
腹立たしい日を卒業生と過ごす
 先週の金曜日と昨日、35歳になる卒業生の貴晃君と過ごしました。休みを消化しないできたもので、事務から休みを取るように言われたそうです。
 ところが、相当のさみしがり屋さんで、一人でいるのが耐えられないんですね。平日ですから嫁さんの真理さんは仕事です。そこで、確実に暇な私のところに一番に電話してくるわけです。いろいろな話に楽しいわけです。昼は外食、そして、スーパーに買い物です。食事を一切任されている彼は晩御飯のメニューを考えるのです。「先生は今晩何食べる」ときますから、私の晩飯も決まります。
 そんなこんなで、大笑いしながら数時間が過ぎるわけです。お陰で、腹立だしいことを一時忘れられるのです。その腹立だしさを川柳に!!

     新年を祝える程の今なのか

     政治家の麻薬のような嘘に酔う

     お上は嘘民はギャンブル依存症

     物価高賃下げ願う年金法

     嘘をまた明らかにしたオスプレイ
今年の自選川柳トップ10
 今年は、昨日までに301の川柳を作りました。数は大したものです。それでは早速!!

第10位    沖縄に基地という名の戦あり

第9位     注文を迷うも味の一つなり

第8位     税引き後タンスヘイブン民悲し

第7位     ポケモンにゾンビと化した人の列

第6位     今流行る社交嫌いの絆好き

第5位     暴言が時代をリードする不気味

第4位     過労死を許す労組に罪なしや

第3位     幸不幸悩む不幸に気づく幸

第2位     動かねば何も動かぬ独り者

第1位     素晴らしい武器恐ろしい褒め言葉
床の中で575
 昨日は、椿海小学校のマラソン大会の安全確保活動を行いました。朝9時から11時30分まで、立ちっぱなしでしたので、腰に来ました。自転車も乗り回しましたので、疲れが来たのでしょうか、10時には床が恋しくなりました。湯たんぽを抱えながら、しみじみ幸せでした。眠くはないので、川柳を作ることに。題材が、近ごろ、偏ってしまい、豊かさがない575です。

     健康のため不健康ダイエット

     蜜待てど滴り来るは灰汁ばかり

     論戦が勝ち負けのみで策生まぬ

     生活に身体使わずジム通


 昨日、マラソン大会後直行したエストエストで

     窓枠に囲われている寒雀
年賀状とは呼べぬ年賀状
 年賀状を還暦を機に、年賀はがきから、封書に変えました。今回で5回目の封書賀状です。
 しかし、今年は「あけましておめでとうございます」も「謹賀新年」も掲げないことにしました。曰く「2017年を迎えました」昨日印刷して、今日からあて名書きを始めましたが、なんと三枚?!だけ。怠け者です。休んでは川柳を作ってしまいます。そうしてできた駄作をご紹介!!

     武器輸出カジノが汚す日本の美

     愛国者愛国者とは言わぬもの

     看板と中身が違う自民党

     行きましょうハワイの次は南京へ

     賭けるより歩きたかろう日本旅
次郎との静かな生活を願う
     日向ぼこ白毛ふくらむ犬と居る

     犬の背の草種つまむ日向ぼこ

     愛犬が傍を離れぬ日向ぼこ

 次郎君との静かな、穏やかな日々を願う自分です。次郎は受けを狙わない分、増して面白く愛されます。この可笑しさを、一流を目指すなら、芸人達は習得すべきでしょう。愛される天才の次郎は、日に一度は至福の時を与えてくれます。
 ではありますが、世の中は風雲急を告げています。かみしめる幸せの尾がかじられ、そのうちに、致命傷になることを想わずにはいられません。

     気を持たせ結果カジノと武器輸出

     虚実なりカジノに放つ的外れ

     高速炉ゴジラに続き新を付け

     納税をノー税と読みふるさとへ
気付く・・・感動感謝感激
 昨日は、朝食後、山形天心園さんの丹精込めたラ・フランスをデザートにいただき、東総駅伝大会の交通安全活動を午前中しました。107チーム参加の70年の伝統がある大会ですが、有名ではないです。その後、大手術をした交通安全協会椿海支部の仲間の家にお見舞いに行き、昼食をエストエストでいただき、そのまま、4時までご主人夫婦とスタッフの女性とお話し、大笑いして、帰りました。そして、カジノ法案を怒る九条の会の仲間からの電話。誰かに怒りをぶちまかないと、安定を維持できないようでした。まさに、気付く・・・感動感謝感激の一日でした。次郎君は、相変わらず、狩り気分の散歩に命を懸けています。

IMG_2667.jpg IMG_2669.jpg
IMG_2671.jpg IMG_2672.jpg





     駅伝の爺と旗振る小さな手

     大手術見舞う吾への陳述は
            痛みではなく生活不安

     経済をカジノに頼る愚かさよ
              丹精込めた洋梨の味

     
ただ、575に表す その②
      日向ぼこ白毛ふくらむ犬と居る

      落葉掃古墳のごとき山に山
IMG_2665.jpg IMG_2666.jpg



      木枯らしや片手を庇い歩く猫

      巻き風にやがては集う落葉かな

      雪見舟眠る季節の夢の中

      冬眠前蛇が張り付くアスファルト

      堅い羽根飛ばずに背負う冬の蠅
ただ、575に表す
 本日は、匝瑳市の広報が発行され、新聞とともに、配布される日です。今月も川柳だけが選ばれました。

     幸不幸悩む不幸に気付く幸

 この境地に至りたいという願望の句です。


     背伸びする幸せの気が身に渡る

     欧米も日本に習い右傾化す

     世界から安倍高支持を笑われる

     大欠伸終えてしまえばまた静か

     高速炉ゴジラつ続き新を付け

     敬称にならぬ首相に大統領