FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
確定申告済ます
 昨日は、雪の後、急速に、天気が回復しました。そこで9時前に、確定申告を済ませようと市役所に向かいました。相談の方が列を成しておられると思いきや、係りの方が「今日が一番少ないです。昨日は、この時間の方は午後に回っていただきました」とおっしゃるんです。幸運と言うしかありません。10時半に終わりました。結果、所得税は1700円、源泉徴収された額との差額、9905円が還付されることと相成りました。所得税が1700円とは、何か申し訳ない気分になりました。
 今日の午前は、俳句川柳の改作や新作つくりをしました。

     改憲で済まぬ自民の棄憲論

     中立を忠実と読む不服従

     中立が許さぬ言論の自由

     無欲説く戒名料の貪欲さ



     風船の数ねだられて薬売

     充実は句を成す一瞬の梅の花
                 とき

     田打ち前犬わがままに走り抜く

     春温和蓄え置けや争の代へ

     白梅の素彩を愛でるうす曇
スポンサーサイト



この冬初めての積雪
001 - コピー 003 - コピー
002 - コピー 004 - コピー
005 - コピー 006 - コピー
 今朝、6時ごろの写真です。少し雪が舞っています。白一色とはなりませんでした。ですが、雪の空の色を感じられました。次郎は積もった雪に驚いたのでしょうか。綱を切って、庭を走り回っているところ、目が合い、咥えていたサンダルと落としました。その後、靴二足を回収、怒られると思っているのでしょうか、こんな顔をしていました。
007 - コピー




定例署名ビラ配り
 昨日は、定例になった署名ビラ配り活動日でした。残念ながら、署名は一筆しかいただけませんでした。ですが、この方、自ら進んで、署名なさいました。やはり、高齢の女性でした。なぜ、中高年の女性が署名されるのか、わかった陽でいまだに不思議な事実です。あまりに、はっきりしているからです。中年男性の署名を今まで受けたことがありません。社会の何処を見て、仕事をされておられるのかがわかりません。

     気が和む進んでペンを取る署名


 終了後、内山屋さんで、夕食に、カツ丼を食べました。この一週間前ぐらいから、食べたくてしょうがなかったのです。夢叶い、おいしくいただいていましたら、40代と思しき男性が、やたらと私に話しかけてくるんです。閉口しました。話しかけるのも、TPOですね・
ただ俳句
 昨日は、サンデーモーニングを観た後に、うす曇の中、次郎と散歩しました。帰ってくると、蝋梅と梅が並んで咲いています。これは初めてのことです。梅が異常に早く咲いたのです。
 息荒い次郎を撫でながら、花を見ていて、気付きました。快晴や曇り雨の時ではなく、うす曇のときに、梅は素の色で現われるのではないかと。そこで、

     うす曇白梅の素彩を愛でる
005 - コピー 006 - コピー


 梅よりも蝋梅が匂います。次郎は当然感じているのでしょうが、それをいえません。何かさびしいです。こんな時、孫がいれば、どんな会話になるのでしょうか。

     蝋梅の香は消しゴムと孫の言う

 我が家の水仙はまだ、咲きません。

     水仙のただ咲けばよし過疎の里

 夜は、久しぶりにエストエストへ。スルメイカと菜の花のぺペロンチーノに生野菜サラダと前菜三点セット、苺のシャーベットと紅茶を注文。歳時記を持って行きました。桜餅の俳人の句はすべて「桜餅」で終わっています。確かに、五音ですからそうなるのが自然なのでしょう。

     葉に連れて膨らむ肌は桜餅


     啓蟄や筋肉を揉む野良仕事

     愛犬と贅沢競う朝寝かな

001 - コピー 003 - コピー (2)
004 - コピー

      
平成27年度サタデースクール閉校式
 今日で、年34回の匝瑳市サタデースクールが終了しました。子供たち皆、心得ていて、スムーズに予定時間より早く終わりました。5月7日までのしばしのお別れです。
 その後は梅田家さんで昼食会、今年で、講師を去る方も居られますので、送別の意味も含めて、場を持ちました。2160円のお弁当でしたが、それをはるかに上回る満足をいただきました。6日の銀座煉瓦亭に裏切られたので、嬉しさは何倍かです。
 その後は米倉地区の方々と市政問題について、市議会議員の報告を基に、意見交換をする会に参加してきました。市民病院の建て替え問題、医師・看護師不足、救急体制の不安など、さまざまな問題が話し合われました。そして、ごみ焼却場の建設問題です。この無駄は見逃せません。何と、銚子・旭市合同で240億円を越えるんです。しかも不思議なことに、その内160億円が震災復興予算から出るんです。わけが解りません。
 国会中継を見ていても、フラストレーションは溜まるばかりです。そういうことでまた、川柳です。

     政治的中立と言う無関心

     棄憲なり改憲ではない安倍イズム

     幸不幸悩む不幸に気付く幸


     春の灯や七宝艶の窓と窓

     ぱらぱら寝覚め惑わす蝶の舞

     春灯の艶はエナメル街潤む



     諦めるために頑張る試される
              若さ残酷迷いの中で
椿海保育園交通安全教室に行く
 今日の仕事は、楽しかったです。園児のそのまんまが愛らしく、ほほえましいですね。感激したのはそれだけではなかったのです。この保育園の給食は自校方式です。調理師さんと栄養士さんが園内の調理場で、料理されているんです。
 それを教室終了後、警察の方と一緒にいただきました。自家製ハヤシライス(市販のルーを使っていません)に野菜・海草・きのこのマヨネーズ和えに地元伊藤農園さん苺です。完食しました。
 地元にはいい物があるんです。この苺もスーパーで買う物とは甘さも香りも違いました。五ついただきましたので、きっと一日の必要ビタミンCを満たしたのではないでしょうか。最近、もう一つ地元の名品を発見しました。「塚本」さんの干し芋です。これは皆さんに食べていただきたいですね。そう思い、昨日、「つかもと」さんまで行き、直接、購入してきました。ご近所にお分けしたいと思い、まとめ買いをしました。これから届けますが、どんな反応が出るか楽しみです。
八日市場駅前で署名ビラ配り
 火曜日署名活動の日です。15時30分より開始しましたが、匝瑳高校は今日午前で授業終了だと生徒さんたち、また失敗しました。それでも、ビラ50枚ほど、署名9筆いただきました。今日はご夫婦で署名された男性一人、あとは全てが女性、30代と思しき方を除くとすべて中高年女性でした。不思議です。なぜ、中高年女性の反応がずば抜けてよいのか。研究したいですね。
 今度は麻生財務大臣の本音がでました。正直に答えているんだから、現実的に答えているのだから、いいでしょうといわんばかりの言い訳でした。言い訳を要した発言とは軽減税率導入で商店の10、100、1000が閉店に追い込まれるなど混乱が起きることはそうだろう」と言うものです。ならば、やめればいいでしょうがね。

     国でなし社会のために流す汗

 このような政権と一体の国のためには頑張りたくないですね。しかし、日本社会はまだ捨てたものではありません。私しゃ、国のためにではなく社会のために汗を流します。
幻の絆迫る拘束
 阪神淡路大震災、そして東日本大震災以降、繰り返し言われた「絆」の大切さ。しかし、世の中は絆といわれれば言われるほどに、絆を切ってゆくように見えます。
 労働者が助け合い励ましあう労働組合の加入率は下がる一方、組合の使命を果たせない段階に達しています。町内会に加入しない傾向はどんどん強まっています。電車の中で、スマホに熱中、他人には関心はなく、居ないがごとくの振る舞いです。
 このことが、安倍政権の無節操な政治を可能にしているように私には見えます。人に無関心である者たちで構成されている社会に政治的関心は世を変える形では成長しません。特に、中間層がそれ以下の社会層に向けるまなざしが温かくないときがそうです。自己責任を言う人が多い社会では支配者層に中間層が掠め取られて、社会的変革の動きは起きません。貧困層を見て「ああならないですんでよかった。ああならないように頑張ってきた。これからもそうできる」と安心するのです。支配者の思う壺です。
 現に、非常識極まりない言動が政権与党から生まれています。甘利、高市、丸川、宮崎。彼らをはびこらせているのは我々であることに思い至らねばなりません。そこで、ついつい、作りたくなるのが川柳です。

     育休が不倫チャンスと理解され

     骨抜きが筋金入りの改憲論

     政治的中立という偏向

     一億が活き活き生きる世に馴染む
 
 
一緒に学んだ、解ったで血が通う
 匝瑳市サタデースクールは市教育委員会が主催しています。今回、サタデースクール体験入学の実施に伴う私達指導員と委員会の意見交換の中で、大きな認識の違い、溝に気付かされました。
 委員会は、自習する子供たちの監督だけをしている、それだけを期待していたことがわかりました。小学校教育にかかわりを持っている方々が教育委員会に居られるわけですから、それで済まないことは解るだろうとと私達は思っていたわけです。しかしそうではなかったことが判ったのです。
 今日は三年生と二時間勉強しました。その間、なかなか正解に至らない問題を一緒に取り組みました。すると、解る瞬間が来るんですね。表情を見ていれば、理解が降ってきたその時を捉えることができます。帰りの会が各教室で終わるのを、私は一階で待っています。昇降口で、理解が「降ってきた子」は必ずと言ってよいほど、その子から「先生、さようなら」といってきます。
 解ることは喜びです。そして、解らぬことは切ないのです。教わり、解った瞬間に、血が通い合うのです。子供がわかることは私たちの喜びで、もちろん、彼らの喜びです。勉強を通じて、血を通い合わせることが私達の仕事です。監督だけではないのです。喜びを与えてくれる子供たちは有難い存在です。

     風光る算数解けし子らの顔



     歯舞を読めぬ大臣まだ無害

     節税の僧の説法無欲なり

     妄言無知金や女性と多材なり
              おんな

     
長寿で元気の可能性
 今朝のモーニングバードで「長寿者に共通点があるか」を特集。戦争報道の責任を感じ、終戦直後朝日新聞を退職し、101歳にして未だ、ジャーナリストとして活躍している「のむたけし」さんと治安維持法違反で投獄された画家の95歳の松本五郎さんにインタビュー。
 食事では、好き嫌いなく、動物性たんぱく質や野菜を摂る。運動ではなく、日常生活に伴う身体使いが指摘されました。そうして注目すべきは「インプットよりもアウトプット」です。読む聞くよりも、話す作るだというのです。のむさんは文章を作り、講演会で話す、松本さんは絵を描く。第二に、創作活動を通じて、人様と話しをし、楽しむ。人との交流は欠かさない要件のようです。
 ここで、私、気付くのです。これって、今の自分のことではないのか。食事は楽しみです。自分で作るエストエスとで食べる、栄養のバランスを考え、次郎との散歩。新聞投稿、川柳俳句短歌創作。憲法を生かす匝瑳九条の会、サタデースクール、自宅勉強会、交通安全協会活動。意識したわけではないのですが、結果、長寿で健康の道を歩んでいるようです。ただし、心配は胃下垂による慢性胃炎です。胃がんの可能性が高いんですね。といって、ここ3年間検査しておりません。胃カメラやろうと思っているんですが、なかなか動きません。

     素晴らしい武器
         怖ろしい誉め言葉

     歯舞と読めぬ大臣未曾有
     はぼまい      みぞうゆう

     歯舞と読めぬ大臣まだ無害

     この政治筋金入りの骨抜きや

     無関心装う子猫の眼かな
東総工業高校前でビラ配り
 今日は県立東総工業高校前で、ビラを配りました。皆さん、素直で、受け取りを拒否した子は一人でした。「みんな素直だね。さすが東総の子達だ」と私。ちなみに、この学校は私が最後に勤めた学校です。「そうだね」と仲間たち。「僕集団的自衛権に反対です」と言う子もいます。
 一人の生徒と 何か話を始めた元中学校長のMさんの「なんだ、今日は入試か」と言う声。「そうか、中学生だったのか」こんなに素直で礼儀正しいのか、中学生は。しかし、この子らは4月から東総生です。やはり、東総生は質として素直な子が多いのでしょう。ということで、ほとんどの子供たちがビラを受け取ってくれました。入試と知れてからは「お疲れ様。明日も頑張ってね」に挨拶を変えました。

    バレンタイン戦と格差のプレゼント

    道徳を九九のごとくに覚えさせ
            哲学させぬ人間させぬ


    人権も民主主義さえ飲む津波
           姿を見せても避けぬ国民
甥とグルメ
 6日土曜日は久しぶりに、下の姉の長男健史と銀座で合い、本、落語のCDを買い、食事をし、コーヒーを飲みました。カツカレー発祥の店「スイス」を考えておりましたが、胃が心配になり、Rという店へ。ここはカツレツとオムライス発祥の店というので、私はオムライス、甥はカツレツを注文。カツは美味かったですが、オムライスは私が作ったものの方が美味かったですね。しかし、この店の評価は3,9と高いのです。そこで一句

     己が舌欺き誉めるグルメかな

 その後、銀座を離れ、秋葉原に。甥が部品を買い、私は帽子をというと、甥がガードしたに面白い店が集まっていて、そこに、帽子店もあるというので行きました。なんと、そこで一年間捜し求めていた色と形の帽子が見つかり、ようやく、買い求めるkとが出来ました。今度、写真でご紹介します。

 
とうとう、日銀はマイナス金利を導入。政治と一体化した金融政策の疑いが拭い去れません。この政策のおかしさの本質を川柳にしました。

     金借りて利子がもらえる時近し
逆裸の王様の安倍首相
 銀を見せ平気で金と言えば、嘘と分かるゆえに誰も相手にしません。金として使えば逮捕されます。私達は、これと同質の嘘をつく首相を相手にすることを強いられています。
 「投資を促す法人減税」との説明ですが、投資が利益を生むなら、とうに、300兆円の内部留保を使っているはずです。政治資金で結びつく財界の要請に応える減税でしょう。首相は、日銀のマイナス金利政策を支持していますが、これも同じです。景気浮揚策ではなく、円安株高に誘導し支持率を維持するのが目的です。素人にも分かる、銀を見せ金という嘘です。
 裸の王様は悪徳商人に騙されて、裸で街を歩かされましたが、我々は首相に騙され裸で歩かされています。平和と言う名の透明の服を着せ、戦争と言う裸に晒すのです。童話「裸の王様」は嘘を嘘と言わない大人にも勇気を求めています。

八日市場第一中学校卒業式に招待受ける
 3月12日の八日市場第一中学卒業証書授与式にご招待いただきました。匝瑳市交通安全協会椿海支部長としてです。こんな公務も付いているんですね。どんな様子か出席してみようと思います。
 卒業式と言うと、先生方が「立派にやりましょう」と仰るんですが、立派とはどういう式なのか、誰のために立派にするのか、勘違いしている場合が多々あります。そこをが関心の一つです。


寄り添うは菜の花のみの戦没碑

   戦争法が成立し、首相が九条第二項を変えると言い出す時代に、戦没碑は忘れられています。

生と死をそっと見せ居る寒椿

   椿の花、或るは緑の葉の中に鮮やかにあり、或るは黒き腐葉土の中に枯れ行く。  

目覚ましや冬身にまとう身の細さ



     口利きで甘利手にする矜持とは

     結局は秘書いけにえの甘利節

     尾を打ちて至福のまなこ犬を生き

     美しい誤解で生きる恋もあり   
八日市場駅前で署名活動
 先週に続き、今日も署名活動をしました。今日も23人の方が署名なさいました。結構なかたが、機会があれば署名したいと思われていると言うことが分かりました。前にも見たから、今日はビラもらおうか、署名しようかと言うことがあるんですね。重ね重ねることはやはり、力になります。
 署名活動に出る前に、ご近所の一軒に署名をお願いしに行き、イタリアンレストランエストエストに戦争法廃止ポスターを張らしていただきに行きました。一番目立つ所張り出せました。通行する車からよく見えるはずです。

001 - コピー
今日は6人で行いました。
芸能界と政界騒動の共通点
 ベッキー不倫騒動と甘利口利き事件で世間がにぎやかです。スクープが事実だとすると、芳しくない共通点に気付かされます。
 ベッキーさんは謝罪会見で川谷さんとは友人であると不倫を否定しましたが、2人のラインでは「友人で押し通すつもり」と不倫関係を自白しています。「これで堂々とできる」と文春に感謝もしてみせるのです。
 一方、甘利大臣はどうでしょうか。秘書への監督責任辞任で、口利きの事実をうやむやにしようとしています。仲間は「辞任は潔い立派な態度だ」と褒め称え「はめられたような気がする」と不快感を示す始末です。
 両者の共通点は①事実を認めず隠そうとする不実さ②恥ずかしいことをしたという認識の欠如③前者の、報道した文春をあざ笑い勝利宣言するあざとさ。後者の自らの悪道を棚に上げて、報道側の不当性を印象付ける姑息さです。
 共に、問題性を認識しないのですから、改善は期待できません。ならば、前者はともあれ、政治に関しては痛い目に会ってもらうしかありません。そのときに備えます。