FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
2015年さようならようこそ2016年
   日記帳そっと閉じ置く大晦日

   
   生と死をそっと束ねる屠蘇の味


  よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト



大掃除、一年の締めくくり
   天狭し背を丸めゆく冬至かな

   和菓子にて人並みに乗るクリスマス

   わがブログ十七文字が一日なり

  
2015年宗林十大ニュース後半
⑧ 戦争法制廃止ポスター作成・・・1000枚作っていただきました。これから、張り出し依頼・作業が始まります。

通年 ⑨ SIZバッジ販売・・・戦争に行かないぞバッジ900個ほど買って頂きました。まだまだです。追加製造したいのですが、なかなかです。

    ⑩ 俳句・川柳創作・・・自分のお気に入りご紹介

     俳句   雪景色白一色の闇となり
           ビルの線冬空を切る丸の内
           絵となりぬ氷の中の錦鯉
           雪の朝静けさ積もる武家屋敷
           土筆の子南北の風吹き変わる
           千年の祖先に捧ぐ田植かな
           原爆忌実りて還る霊あまた
           秋桜倒れてもなお秋桜
           黄金色夕陽が重い稲穂かな
           枯葉から落葉に朽ちる舞一つ
           秀麗の欠片で満つる我が身かな
           引力をワルツに仕立て枯葉散る
           また落葉その一刻を見送りぬ
           ラ・フランス舌の歓喜が鼻を抜く

 川柳       この平和かよわきゆえに慈しむ
           何もせぬ贅沢な日は梅茶漬け
           自己責任国家社会の無責任
           おおっぴらに元気で無職言えぬもの
           同意だが署名はしない世間体
           怖ろしや核兵器が消耗品
           沖縄は沖縄と言う植民地
           

 今年も、一年、有難うございました。「どうなる」ではなく「どうする」意識で、来年も自分を、仲間を、日本市民を信じて行きたいと思います。よいお年をお迎えください。
      
2015年宗林10大ニュース
 2015年も、今日を入れて、あと4日となりました。ついでに、今日12月28日は私の誕生日です。生まれた時から、人騒がせな男です。さあ、この一年を振り返ってみましょう。月順に並べました。

① イタリアンレストランエストエスト自店新築開店・・・店が大きくなり、厨房も客席も広々としました。ますます、栄えていま
      す。

② 陸君、珠ちゃん、愛ちゃん卒業、後陸君の弟翔君を迎える・・・現在、翔(かける)君の相棒を探していただいています。

③ 匝瑳市交通安全協会椿海支部長に就任・・・支部の皆さんが協力的で、仕事が円滑に進んでいます。地域の方々、小
       学生とも関わり、楽しくやらさせていただいております。
④ 匝瑳市議会に陳情二件提出・・・ヘイトスピーチ防止と安保法案に関する陳情です。前者は6月議会で不採択、後者は     継続審議となりました。
⑤ 東京新聞に意見広告を掲載・・・6月18日と7月10日の「こちら特報部」の下に安保法案廃案に!!紙面三分の一        大きさの広告です。反響をいただき、SIZバッジも買って頂きました。

⑥ 国会前集会に通う・・・あの時の勢いを皆さん、地元でも爆発させていることでしょう。

⑦ 陳情採択される・・・匝瑳市議会で、継続審議になっていた安保法案関連の陳情が一部採択されました。陳情趣旨は採      択されませんでしたが、尋常内容は採択されました。衆参両院議長と内閣総理大臣に「安保関連法案の慎重審議と国民理    解を高めること」を求める意見書が匝瑳市議会議長名で提出されることになりました。


   ⑧⑨⑩は明日です。
記憶力テストを受ける
 今日は、今年最後のサタデースクールでした。5年生の教室で、勉強です。担当のS先生は国語の時間、気分転換と言うことで、自らが経験した「記憶力テスト」を提案しました。国語の時間は集中力が落ちるんです。そこで、まず、集中させてからと考えたのでしょう。
 スポーツ、花、職業、果物、体、魚、国名、台所用品、それぞれ4つ先生が口で言います。直後、検査用紙に書き込むという単純なテストです。
 最近、朝、トイレに入ると、電気が付けっぱなしのことが何度かあり、認知症を心配しているのです。これ、母がよくやっていましたからね。一人暮らしの認知症、これは怖ろしいですよ。ある意味、癌より怖いです。
 S先生は、当然のごとく、私にも検査用紙を渡しました。と言うことで、結構怖かったんです。結果は32個中、25個正解しました。結構できたなあとは思いました。しかし、生徒の最高得点者と同じとは思いませんでした。安心しました。まだ、記憶力は衰えていないのだとは言えそうですからね。
 これも生徒達のお陰です。私を相手にしてくれるから、8年間続けてこられたわけですから。張りを持ってやれる仕事があるということは大事です。作句や文章作りもいいのかもしれません。また、ブログのお付き合いも効果があるのではないでしょうか。そんな訳で、63歳の誕生日を前に、結構いい気分にしていただきました。
いちご大福と草もちでクリスマス
 今朝は、年賀状を郵便局に持って行き、そのついでに、和菓子司「坂本」に寄ることにしました。店先に「いちご大福」の旗がなびいていましたので「そうだ、この季節になったんだ」と一つは決めました。
 さてもう一種はどうしようか?鮮やかな緑色で草もちがアピールしてきます。餅でも、胃がもたれない草もちにしました。
 帰宅後、すぐにお茶を入れて、次郎の下に行きました。次郎君は草もちが大好物であったことを、その表情から、思い出しました。喉を詰まらせてはいけないので、小さく口歯で切って、ご馳走しました。子供頃、クリスマスプレゼントとケーキを楽しみにして以来、長らく、クリスマス気分を楽しんできましたが、一人になってからは、なぜか、和菓子を食べていますね。
 エストエスとも、今日、明日は、予約でいっぱいです。なぜか、今晩はそばを食べました。勉強に来た翔君と送り迎えのお母さんとの話も、クリスマスにはそっけないことに 「昨日、休日だったから、ケーキ食べました。今日はなしです」華やかさもなく、何気ないクリスマスです。そういえば「誕生日プレゼントです」と銚子商工さんから梅干をいただきました。和風味のクリスマスイブが終わります。


     

     年の瀬や無職の身にも来る区切り
「安全保障関連法に反対する成蹊学園有志の会」に連絡取る
 戦争法制廃止を目指す成蹊学園有志の会がすでに存在していました。そういえば、安保法制に反対する声明を出した大学の中に、成蹊大学があったんです。迂闊でした。正式名「安全保障関連法に反対する成蹊学園有志の会」です。
 アクセスしましたが、メールアドレス云々、私メールはやらないことに決めておりますので、とりあえず、コメントを入れておきました。なにか、応答があるでしょう。もっと、会員を増やさねばいけませんね。それにご協力したいと思っているところです。
次郎君食欲益々旺盛に!!
007 - コピー 009 - コピー

 次郎君の食欲が尋常ではありません。朝、ご飯1合と卵一個、納豆一パックの水掛、夕方、ドックフード私の手で5掴みに煮干二掴みです。しかし、これで終わりではないのです。寝る前に、挨拶のチュをするために向かうと、いきなり『お座り』です。そうして、期待に満ちた緊張した目を痛いほどに向けるのです。仕方なく、追加の晩食と相成ります。
 やはり、寒くなったからなのでしょう。より多くの熱量が必要なんですね。そういえば、私もご飯を二杯食べています。ということで、二合を日に、二度炊くことが増えました。今日も夕方、二合炊きなおすことになるでしょう。風はありませんが、どんより曇った寒い日です。年賀状の宛名書がようやく終わりました。これから、次郎君との散歩に行きます。

001 - コピー 002 - コピー
003 - コピー 004 - コピー
005 - コピー 006 - コピー



戦争法制廃止署名に国民の意志を!!
 
 憲法学者の多くが「集団的自衛権の行使」に対し「憲法違反」濃厚との危惧を表明しました。また、国民大多数が「説明不足」を指摘し、多数が反対する中、安保関連法案採決は強行されました。
 「説明不足」とは、法案の内容とその目的が理解困難な状態のままに、法案を通すことへの懸念です。無理もありません。国会審議で、中谷防衛相が答弁不能になることや前言との食い違いが幾度もあり、そのたびに、前言撤回が繰り返されました。
 また、憲法違反は九条だけではありません。防衛大臣の、憲法が安保法制に適合するように知恵を絞ったとの答弁です。「憲法の最高法規」を定めた98条違反を自白した瞬間でした(2015年6月5日)。さらに、臨時国会は、首相の外遊を理由に開かれませんでした。憲法53条には、衆参いずれかの議員の四分の一以上が要求すれば、臨時議会を召集しなければならないとあります。これまた、憲法違反です。
 独裁政治は、憲法違反から始まることは歴史が教えるところです。ナチスの「全権委任法」や近衛内閣の「国家総動員法」は憲法や三権分立をないがしろにする法律です。立憲主義の否定です。
 そうして現在、識者が懸念していた通り、国会答弁を越える自衛隊行動を可能にする準備が明らかになっています。2013年、米軍と自衛隊は米国モハーウェ砂漠で戦闘訓練をやっていたのです。これは、中東地域での日米軍事行動を想定していると言わざるを得ません。集団的自衛権行使の目的は「国民の生命と財産を守る」ことではないのです。今まで、米国は平和のためと言いながら、中東地域の市民をも殺してきました。それに自衛隊を加えるための戦争法制です。
 安倍首相が同じ考えの議員や識者を閣僚や各種審議会委員に選びます。すると自動的に、法律が改正・成立するに等しい政治です。この手法は安保法制だけに留まりません。経済格差が問題と言いながら、派遣労働者の正社員化への道を断った派遣労働法改定。介護退職をなくすと言いながら、介護現場を窮地に追い込んだ介護報酬引き下げ。このような、言動が一致しない政治を終わらせるためにも、戦争法制廃止を実現し、安倍政権を退陣に追い込むことが必要ではないでしょうか。
         「戦争法制廃止署名に国民の意志を!!
この方のお店には行きたくない!!
 今日は、年賀状印刷のためのインクと、次郎が噛み砕いてしまったサンダルの代わりを買いにカインズホームに行きました。販売戦略ゆへに、安く押さえられたプリンター代金の倍額を支払いをしました。何か、スッキリしませんね。
 生野菜がなくなったのでビッグハウスへ。ここでも納得いかないことがありました。セロリの葉の部分が切り落とされているんです。三日前までは付いていたのですがね。葉があるものもあるんだろうと探しましたが、駄目でした。葉の部分も美味しいんですがね。とろろ昆布汁に長ネギの代わりに入れるとこれがなかなかのものです。残念と言うか、腹立たしいですね。
 買い揃えて、レジ前に並ぶと、前の方のワゴンはいっぱいです。それはよくあることなので、ここで書く必要もないことです。お店をやっておられるのでしょう、椎茸のパック、鶏肉と豚肉のひき肉を5~6パックを買って居られます。驚いたのは、その中に、味の素大袋、500gはあるでしょう、それが5~6袋、さらに、かつを風味だしが5=6箱が無造作に積まれていたことです。『この方の店には行きたくないなあ。店の名前を聞いておこうかな、間違って入らないように』そう心で思いました。
 極めつけは、普通のカゴに分けて入れてあるものたちを見た時にやってきた衝撃です。中身は、全て惣菜です。てんぷら、鳥のから揚げ、スパゲッティー、鉄火巻き、海老チリなどなど。飲食店経営者ですから、自分の味にこだわるものではないでしょうか。絶対行きたくない店です。
ポスターをベニヤに張る
 昨日は、第34回憲法を生かす匝瑳九条の会を持ちました。 ① 旭九条の会、多古九条の会、銚子九条の会と合同で、このポスターの戸別掲示を進めること ② 四会合同で、八日市場、旭、銚子駅で同時に戦争法制廃止を求める署名活動とビラ配りを行うことを決定しました。
 そして、私特製のトマトスープとパンの食事後、出来上がってきたポスターをベニヤに張る作業を行いました。とりあえず、60枚完成しました。雨が降り、湿度が高かったので、この作業には好都合な日でした。

003 - コピー
A2サイズです。大きさ確認のために、岩波新書を置きました。創人デザインさんの作品です。なかなかの出来です。また、一枚19円ですから、大変割安です。

001 - コピー (2) 002 - コピー
貼り付けた60枚の一部です。これを、まずは四会の会員、支持者の家の門扉や塀、ドアに貼り付けます。そして、市内の有志の方をを探す大変な仕事が待っています。


悪悪と気楽に言えぬ悪がある

今ぞ知る世界の悲劇前にして
            祈る姿の尊きことを
10日ぶりに句を作る
 今日は土曜日ですので『サタデースクール』の日です。朝7時45分に家を出ました。しばらく自転車を漕いでいると、句が浮かびました。よくあることです。ランナーズハイと似た生理現象ではないでしょうか。

     おれおれに歯髪抜けても気は抜けぬ

 朝から、何と、侘しげな、情けない句でしょうか。そのせいでしょうか。昨晩のゴキブリの姿が浮かびました。台所の床を這っているところを見つけたのです。それが、羽を半ば広げてよたよた、しかもあわてて逃げるのです。何か哀れに思いました。

     冬のゴキブリ敗兵のよう転け逃げる
                      こ

 今日も暖かい師走でした。散歩から帰り、奥まで日が差し込んでいる部屋で、紅茶を飲んでいると、ゼロ戦のような羽音でハエが飛んできました。冬のハエとは思えない迫力です。

     温暖化羽音眩しき冬の蠅

 以上、句による一日のご紹介でした。
気になった昼下がり
 寒いほどになったので、散歩は一時間以上必ず掛けています。時間は暖かく、しかも人通りが少ない12時前から。隣町の旭市の工業団地内に公園と野球場があります。人も居ませんので、そこで、次郎を放します。
 次郎もしこたま走りこんで疲れると、小山の頂上にいる私の元に帰ってきます。体を寄せてきて甘えてねんねの姿勢を取りますので、ツボを押してやります。
 そんな至福の時間、作業着を着た3人の女性が工場に向かい歩いて行き、構内に入って行きました。続いて、男性社員も。そうすると今度は数人工場内から出てきました。双方の皆さんには、共通点がありました。どなたもばらばらに歩きますから会話はありません。楽しげではなく、存在感さえ感じられないのです。
 仕事が生活のために我慢するもの、苦痛な時間の代償が賃金と覚悟しておられるのではないか、その様に見えてしまったわけです。要らんおせっかいといわれればその通りです。また、勝手な思い込みかもしれません。そうであることを願いながら、散歩の後半を歩き始めました。
東京新聞報道写真グランプリ受賞
ピクチャー
 これが受賞写真です。そこで一句川柳を!!

     グランプリ議事堂落とす主達
                   (あるじたち)
多古九条の会より電話いただく
 先日、多古九条の会の講演会に参加されたという方のブログにお邪魔して、会の連絡先をお教え願いたいとのコメントを書かせていただいたことをご報告いたしました。その多古九条の会のSさんから、今日、電話をいただきました 結果、安保法制廃止を訴えるポスターの掲示を一緒に行うことに向け、会で検討されることになりました。一枚でも多くポスターを貼っていただき、安保法の愚かさを訴えて行きたいと思います。
 この法制は、大国の論理に乗っかる道を進むことを目指しています。しかしアメリカ主導のイラク戦争以降、フランスのシリア空爆が明らかにしてきたことは、より大きな力で押さえようとすることは対決にすぎず、解決には至らないということです。解決の道は、むしろ、日本国憲法に示されているというのではないでしょうか。その憲法を無視しての安保法制政権が、世界の平和に寄与することが出来るとはとても思えません。
 安保法制廃止の正しさを訴えて行きたいと思います。その輪を大きく広げる努力を!!と己に、言い聞かせております。


     戦争を枕に眠るあの日から

     玉砕と福島辺野古根が同じ

     戦争の妖怪退治託し逝く