FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
安保法案関連の市議会陳情をして考えたこと
  「憲法を生かす匝瑳九条の会」は、麻生副総理の「ナチスに学べ」発言に「これは危ないぞ」と直感した仲間が集まり、結成されました。ナチス制定の「全権委任法」には「憲法に違反できる」との条文があります。今、安倍首相は「憲法違反できる権利」を主張、まさに「ナチスの手口」を真似ているのです。心配は的中してしまいました。
 この間、私たちは「安保関連法案」関連を中心に、延べ6本の市議会陳情を行いました。今回の「安保関連法案」陳情の「継続審査」以外は全て「不採択」です。その理由をある議員は「尊敬する国会議員の結論に従いたい」と説明?しています。憲法を自らの縛りと理解しない首相、その総裁を批判できない国会議員、彼らを尊敬し追従する地方議員ならば、誰が「自由民主」を守るのでしょうか。
 改憲論者も解釈変更による集団的自衛権行使に反対しています。自然なことです。そうでないならば、自分の民主主義を疑うべきです。納得できないまま、異議申し立てをしないなら、それは勇気がないのです。権力への追従は民主主義の自殺行為です。
 安倍首相は安保法制を語る場合に「国民の生命と財産を守ることは私の責務」と繰り返します。あえて、繰り返すのには「何かある」と下司は勘ぐるのです。①消費増税実施決断・・・財政再建にも社会保障の充実に使わず ②社会保障は後退 ③指導力を復興支援に使わず、原発再稼動に発揮 ④派遣労働法を改定し、非正規雇用の固定化、解雇を容易にし「残業代ゼロ」法案で長時間労働の合法化を狙っている、等々。
 こう見てみると、安倍政権の政策は「国民の生命と財産を奪う」ものばかりです。ならば「安保関連法案」も、国民を守ることが目的でしょうか。私たちは、彼の国家実現の手段にされかねません。
 「悪が人と人を引き離す行為に、善が結びつける行為に関係する」とします。安倍さんは隣国の脅威を強調するだけで、友好がもたらす相互の豊かさを語りません。ならば、少なくとも、善ではありません。安保法制の前に「戦前を精算すること」が外交的安定をもたらします。その時、誰も安保法制の必要を語らないでしょう。市民の「殺したくも殺されたくもない」という良識に、政治は最大限の敬意を払わねばなりません。それが憲法の教えです。
 そのことは地方議員にもいえるのです。しかし、陳情審議を傍聴した時「地方議会は国政には
関係ない」という本音が透けて見えました。国政が市民の誰にも大きな影響を与える以上、地方議員は国政にも関心を持たねばなりません。その意識欠如が顕著です。それは住民にも言えます。血縁地縁で地方議員を選ぶのではなく、広い視野と高い見識を議員に求めなければいけません。

スポンサーサイト



稲穂に実がつく
 我が千葉東総地方は、すでに、稲に実が入りました。早い田は色づいています。何でも食べてしまう次郎君、その稲に口を持って行きました。これはもう、米の匂いがするということですね。ご飯が大好きな彼は同じ匂いをそこに見つけたと思われます。

     愛犬は穂に鼻寄せるご飯好き

 
     予算ゼロ福祉支える平和主義

     オレンジにピンクの帯びる夏の夕

     競うなら昨日の自分相手とす

004.jpg 006.jpg
002.jpg 

なぜか、次郎の写真なのに、新聞広告で表示されています。広告をクリックすると次郎の可愛い、というか腕白にして精悍な顔が現われます。

東京新聞掲載意見広告文
6月18日掲載
001.jpg 
左側が全体像ですが、字が小さすぎて読めませんので、右側でお読みください。

7月10日掲載
002.jpg 006.jpg
次郎の写真になっていますが、文面が出ます。何でこうなるのかが分りません。

○○○を財産と実感する
 安保法案への反対は高まるばかりです。政府は「理解が進まない」と言いますが「国民は判ったから理解しない」のだと気付きません。
 この法案の本質はアメリカが起こす戦争の片棒を担ぐことです。これを国会では隠しますが、首相は共著「この国を守る決意」(2004年)で「アメリカと対等になるためには日本の若者も血を流さねばならない」と述べています。何よりも、ことの本質は、安保法案成立の約束を土産にした安倍首相を、異例の準国賓扱いしたアメリカが語っています。
 歴史に学ぶと、政権への攻撃は財産を持つ階層がそれを脅かされる時に起きています。平安末期、領地支配に力を付けた武士層がそれを脅かす王朝政権に反抗しました。イギリスではブルジョアジーが、その成長を抑え、財産を犯す王朝を攻撃したのです。
 現在わが国では、貯金のない世帯が3割に達しています。100万円以下を加えると4割、7割近くの世帯が500万円以下です(2013年、金融広報中央委員会調査)。財産を持たないのですから、庶民の、現政権への攻撃は財産をめぐるそれではありません。お金とは違う「財産」をめぐる国家との対立です。安倍首相がその「財産」を貯金以上の宝だと実感させています。戦いは「いのち」を徴収したい国家と、それを拒否する国民との利害対立です。
 国民は「いのち」だけではなく、その質も問うています。人殺しを強制されることで「生きる正しさ」を奪われることにも抵抗しているのです。長い歴史が示す価値に気付けない政権です。国民に向けた「刹那的」をそのままお返しします。


インサイドヘッドを観る
 一昨日の朝、交通安全協会の仕事で、「思いやり、ゆとり運転を」キャンペーンに参加しました。市役所前国道で、ビラとウエットテイッシュを配るだけのことです。
 その帰り道、三年間一緒に勉強した陸君の家の前を通りましたら、ラジコンカーで遊んでいるのはありませんか。声をかけて話していると「今日、先生の内に行っていい?」といいますから「どうぞ」と言うことで、午後やってきました。夏休みの宿題もしましたが、色々な話になり「陸君、インサイドヘッドを観に行くんだが、陸君もどうだ」と言うと二つ返事。昨日、観てきました。
 結論、70点の出来でしょうかね。着想が素晴らしいんですが、それゆえに、それに溺れてしまったことは否めません。脳内世界の仕組みをあまりに長く描きすぎ、尻切れトンボになってしまっている点が残念でした。エンデイングに向けたもう一工夫と、メッセージが欲しいところです。しかし、思いつきの面白さは確かにあります。
 「悲しみ」の日本語吹き替えをした大竹しのぶさんの「演技」が素晴らしいです。「喜び」の竹内結子さんとの掛け合いも一流です。これだけでも観る価値はあります。


     取らねばと緊張させて回る寿司

 昼飯は回転寿司を食べました。店内の合理化、技術化進み、面食らいました。

     孫誘い団塊男アニメ観る

 さすがに世間体をそんなに気にしない自分でもアニメ映画を一人で観に行くには覚悟が入ります。そこでここぞとばかり、      陸君を誘ってしまいました。陸君にも観てほしいと思ったことも事実ですが(言い訳に聞こえています?)。

     同意だが署名は出来ぬ日本人

 安保法制反対署名をいただくために、回っていると気付くことがあります。社会的地位が高いといえる方々が、退職しても     なを本心を隠して、体制派に付こうとすることです。これには不思議な力を感じます。ドイツでは脱原発運動のリーダーにル    フトハンザの支店長とか、銀行の役員なのが居られます。まず、日本では考えられないことですね。
川柳を作る
 川柳を作ることを忘れておりましたが、少し作り始めました。


     生牡蠣に安倍独裁が功奏す

     判るほど理解されない安保法

     国民を刹那的と呼ぶ退廃

     民のため繰り返される己がため
知人への呼びかけ
わが親愛なるみなさんへ


 政府与党は7月13日から始まる週に安保関連法案を衆議院で強行採決することを決めたようです。確かにそうならば、参議院否決でも、9月25日の閉会までに、衆議院再可決で法案成立とすることが可能です。
 安倍首相は祖父の真似をするつもりなのでしょう。政権と引き換えに安保条約を成立させた岸信介元首相を尊敬しているのですから、何が何でも成立にこだわるはずです。
 ですから、廃案に追い込むためには、配下の国会議員を浮き足立たせることが肝要です。そこで、地元選出の与党衆参国会議員に抗議のはがき・電話・ファックスを入れる運動が効果的だと思います。「政権を批判したらコマーシャルを入れさせないぞ」がマスコミに効くように「安保法案に賛成したら票を入れないぞ」が政治家に効くのです。是非、抗議のはがき等を送ってください。

 7月1日の匝瑳市内新聞12000部、上の内容を主としビラを入れます。また、東京新聞意見広告第二弾としてもこの運動を提案します。賛同を得られそうな方が居られましたら、電話して同じようにお奨めしてください。

2015年6月30日
                           八 角  宗 林
本日国会前へ
 朝10時に国会前に到着。地下鉄丸の内線はリックを背負い、帽子とタオルで防御した人で溢れているのではと思っていたのですが、さほどでもなく、拍子抜けしてしまいました。少し早かったようです。それでも次第に人が増え、午後一時ごろには2300人が集まったそうです。
 バッジの売れ行きは上々『私バッジはつけないの』と答えられたご婦人以外は全ての方がすぐにお買い求めの意志を示されました。しかし、炎天下4時間も入ると、さすがに疲れます。一緒の南さん信太さんも食後、戦線を離脱。私も二時に切り上げました。
 十時半からのニュースステーションを観て驚きました。若者達が雨の中盛り上がっています。その数も6万人だとか。今日は還らずに、一晩中怒りの声を上げるというではないですか。やはり若さです。ようやく若者たちが本気になってくれたこと頼もしく思います。といって、若者に任せるということではありません。本気になった時のパワーが違うということです。その力が頼もしい、羨ましいということです。

   悪びれず悪法通る青い夏

   悪法案通過しても腹は減る

   議事堂が絶望せよとそそり立つ
              安保関連法制の夜



   雨垂れや緑を宿す軒の梅雨

   涼風や我が温もりに争わず
知人やSIZバッジ購入された方への呼びかけ
      様


 政府与党は7月13日から始まる週に安保関連法案を衆議院で強行採決することを決めたようです。確かにそうならば、参議院否決でも、9月25日の閉会までに、衆議院再可決で法案成立とすることが可能です。
 安倍首相は祖父の真似をするつもりなのでしょう。政権と引き換えに安保条約を成立させた岸元首相を尊敬しているのですから、何が何でも成立にこだわるはずです。
 ですから、廃案に追い込むためには、配下の国会議員を浮き足立たせることが肝要です。そこで、地元選出の与党衆参国会議員に抗議のはがき・電話・ファックスを入れる運動が効果的だと思います。「政権を批判したらコマーシャルを入れさせないぞ」がマスコミに効くように「安保法案に賛成したら票を入れないぞ」が政治家に効くのです。是非、抗議のはがきなどを送ってください。
 早々に、お仲間に相談して
①  地元与党議員の名前を確認、 
②  国会議員会館内各議員の部屋番号をネットで調べ、
③  一緒にはがきでも、ファックスでも送る
ことをお奨めします。

 憲法を生かす匝瑳九条の会では、7月1日の市内新聞12000部の、上の内容を主としビラを入れます。また、東京新聞意見広告第二弾としてもこの運動を提案します。賛同を得られそうな方が居られましたら、電話して同じようにお奨めしてみたらどうでしょうか。

2015年6月30日
                       憲法を生かす匝瑳九条の会
                       代表  八 角  宗 林
与党国会議員に抗議文送る
抗議文です。

拝啓  
 日頃の国会活動お疲れ様です。
 さて早速ですが、今国会の最大の争点である「安保関連法案」は憲法学者の意見を待つまでもなく、普通の理解力と誠実な心情の持ち主でれば、どなたでも「憲法違反」と認識されることでしょう。そのことは国民へのアンケートにも如実に表れています。改憲支持者にも多くいらっしゃいます。これを憲法違反と認めないことは政治生命に関わることと認識されることが民主主義者の最低限度の態度と言わなければなりません。
 これに同意しかねると言われるならば、今後、自民党とその所属議員には投票をしないことしたいと思います。また、このことを地域の仲間にも説明して回っているところです。
 賢明な知性をお持ちの議員のこと、国会で、そろそろ「戦争法案」への反対を表明されることを期待するものです。今後日本の将来に禍根を残す法案に加担することなく、ご自身の信念に従い行動することをお願いします。もし、ご本心が法案賛成なら、その限りではありません。

敬具
平成27年7月3日

 参議院議員 豊田 としろう 様

匝瑳市交通安全協会春海支部長 
八角 宗林

 あえて、交通安全協会春海支部長と入れました。元からの自民党支持者であることが分かるからです。



     若者の国会前が戦場だ

     天災もねらう命に戦向け



     雨垂や緑を宿す軒の梅雨
安倍憲法解釈の克服
 国会では、耳慣れない法律名や造語が飛び交い、訳が分からない状況が続いています。野党質問への答弁から「安保関連法案」の内容が見えてきましたが、ことの本質は「憲法解釈」です。
 チャップリンの「殺人狂時代」の名意訳「一人を殺せば殺人者だが、百万人殺せば英雄だ」の原文を直訳すれば「一人の殺害は犯罪者を生み、百万人の殺害は英雄を生む」です。意訳の方が戦争の本質を表すのに優れています。同じように、憲法の本質を突く名解釈が必要です。安倍憲法解釈はどうでしょうか。
 1947年文部省発行中学一年用教科書「あたらしい憲法のはなし」は憲法の本質を明快に表現しています。「これから先日本には陸軍も海軍も空軍もないのです。しかし、みなさんは心細く思うことはありません。日本は正しいことを他の国より先に行ったのです」と「戦争をしない国」への確固たる信念を語っています。
 しかるに6月1日、日本を攻める意志のない国にも武力行使を許すとの答弁がありました。専守防衛放棄の本音が出た瞬間でした。「安保関連法案」が戦争を「捨てる」のではなく「拾う」法整備であることが鮮明になりました。
 実は、2004年の自著で首相は「アメリカと対等になるために日本の若者も血を流さねばならない」と述べています。石破幹事長(当時)も「自衛隊員を戦死させる覚悟をする最初の政治家になる」との自負を語っているのです。ならば、憲法は毒に見えることでしょう。首相がしているのは、もはや「解釈」ではなく「解毒」です。解毒剤は「安保関連法案」です。私たちは解釈、それも名解釈をしなければいけません。
 そこで「自衛隊は違憲か」を問います。憲法を誠実に読めば、違憲と答えねばいけませんが、より正確には「自衛隊を不要にするための努力を怠り、放棄し、理想から後退すること」が違憲だとしたいのです。ですから、自衛隊は憲法違反ではないが、将来、解体するべきだという解釈にもなります。つまり、安倍政権は憲法の理想実現の努力を怠るどころか、放棄しようとしているのですから、法案の違憲を問う前に、政権自体が憲法違反なのです。
 安倍首相たちは「普通の国になる」と言いますが、我々はそれをやめたのです。それは正解でした。「普通の国」が戦後やってきたことを見れば明らかです。米国のベトナム戦争、イラク戦争、ソ連のアフガニスタン侵攻等々。
 「あたらしい憲法のはなし」の「正しいこと」とは「国家による殺人の正当化を認めない」ことです。チャップリンも上の台詞でこれを表現しています。安倍憲法解釈の克服は「国家による殺し合いの強制」を拒否することで成し遂げられます。

地元議員に抗議のファックスを送りましたとのご連絡いただく!!
 先ほど、東京世田谷の金子稔さんから、次のファックスをいただきました。金子さんは6月18日の私どもの会の意見広告が縁で知り合いました。掲載許可をいただいておりますので、早速、ご紹介します。

越智隆雄 様

拝啓
  日頃の国会活動では大変なご苦労に存知ます。
 さて、早速ですが、小生の父は先の戦争に三回も出征をして、その結果、昭和20年5月に戦死しました。母と小さい妹を残し手のことでした。その時代は天皇陛下、お国のためという名のもとに尊い命を捧げることが当然の世相でした。
 母も長年の心労かと苦労がたたって僅か61歳で、現在の女性寿命からすると考えられない若さで亡くなりました。
 今、安倍内閣と自民党のやろうとしていることは先の憲法学者の意見を待つまでもなく、「憲法違反」そのものです。
 長年の自民党政権からも考えられない暴挙を強行しようとしています。従って、今後は決して「自民党」議員には選挙で投票しないことを友人にも話して行きたいと思うます。
 是非、この今世紀最大の「悪法」「戦争法案」を止めることを貴殿の力でと思うのですが、如何か?何卒、十分に検討して下されよう心よりお願い申し上げます。
                          敬具

 金子さんは76歳、戦争を記憶する最後の世代といえるのでしょう。その後の母親を中心とした家族の苦難を経験されたことも心が痛みます。このような不幸、理不尽が日本中に溢れたのが僅か数十年前であることを私達は忘れてはいけませんね。
安保関連法案裏の狙いは
 戦前、はなはだしい経済格差ゆえの貧弱な購買力が経済成長を抑えましたが、政府は経済・社会改革の道を選ばずに、海外に活路を求めました。
 ならば、戦前と似てきたようです。厚労省調査によると「生活が苦しい」と答えた人は62,4%で過去最高、子供の貧困率も先進国に似つかわしくない地位にあります。
 現政権は格差縮小に向けて累進課税を強化するどころか、消費増税や社会保障カットをしています。その一方、復興税免除、法人減税をして憚らず、改革どころか、格差拡大を助長するのです。
 その象徴が「派遣労働法改正」。これは企業の「労働力調整」と「人件費抑制」要請に応えるものであり、雇用と生活を不安定にする「効果」しかありません。「女性が活躍する社会」もパートなどの低賃金要員としての活用に過ぎません。そして残業代ゼロ法案。
 ここで、私たちは生きる権利が脅かされていることに気付きます。脅かすのは政府であり、社会的経済的強者であり、彼らの「国家」です。一方、彼らの優位を脅かすのが基本的人権であり、民主主義(国民主権・立憲主義)です。
 すでに、これらは無視されています。「憲法をいかにこの法案に適応させるか」(反立憲主義、つまり独裁です)麻生氏の「ナチの手口にまねろ」は失言ではなかったのです。そして大西議員の従わぬ新聞社は潰せ発言。彼らの本心を国民に定着させるための「戦争法案」が見えてきます。
 戦争は人権や民主主義を奪う天才です。私たちは平和主義が奪われると気を揉んできましたが、狙われているのは基本的人権と民主主義のようです。