FC2ブログ
早期退職後の生活を省みて、ものの見え方、心持ち、生き方の変化を確認しながらの日記です。人生、社会の動きにも眼を向けたいと思っています。
匝瑳市議会に陳情書提出
 本日、憲法を生かす匝瑳九条の会は匝瑳市議会に「ヘイトスピーチ防止法制定を求める意見書」提出を要請する陳情書と「安保法制関連法案」に関する陳情書を提出しました。

                       平成27年5月26日
匝瑳市議会議長 栗田剛一 様

                憲法を生かす匝瑳九条の会


「安保法制関連法案徹底審議・国民理解を求める意見書」の
提出を要請する陳情書
市議会議員の重責を自ら背負われる御意志に対し、敬意を表します。同じ匝瑳市民として、より住みよい日本にする意志を共有する仲間として、皆様に、ご提案申し上げます。


陳情趣旨
 
安倍首相は集団的自衛権行使を可能にする法制整備でありながら、5月20日の党首討
論で「他国での戦闘や空爆はない」と明言しました。ならば、何のための集団的自衛権行
使なのか、なぜ米国が集団的自衛権行使を含んだ新ガイドラインを歓迎し、首相を準国
賓待遇で歓待したのかが分かりません。
宮沢首相当時の「わが国が海外で武力行使することは許されない」との答弁に対して、
5月19日、安倍内閣は「武力行使は三条件を満たせば、許されないわけではない」との答弁書を決定しました。ならば「他国での戦闘や空爆はあり得ない」発言と矛盾します。更に「他国での戦闘も空爆もないが、機雷掃海は例外」と発言。この発言に組みすることはできませんが、そうならば、大改革は必要なく、ただ「機雷掃海のみを行うこととする」という提案で済むのです。
 このように、安保法制関連法案の内容とその目的については、理解が困難な状態にあります。ここで政府に求めることは、安保法制関連法案の
① 目的は何なのかを明確にすること
② 今までと何処が変わるのかを隠すことなく呈示すること
③ その上で、集団的自衛権行使が避けられないことを説明すること
④ そして、それぞれの説明に矛盾がないことです。

陳情項目

 安保法制関連法案について、時間を掛けた、充分な審議を求める意見書の提出を要請します。
スポンサーサイト



次郎、狩りに熱中、そして思うこと
 困ったものです。ここのところ、次郎は散歩に出るたびに、狩をします。今日は何と、蛇二匹、蛙一匹、トカゲ一匹、トンボにまで手を、否、足を出しました。すべて未遂に終わらせましたが(私が妨害したのです)。
 しかし、二匹目の蛇はそうではなかったと思います。捕まえてみたら、あまりの大きさに驚き、たじろいだ瞬間に逃げられたというべきでしょう。その蛇、1メートル以上あったのです。太さは直径10センチはあったでしょう。私でも、怖いほどでした。
 田んぼの畦の草むらに潜んでいます。そこで、蛙やトカゲを狙い待っているのです。田んぼを良く見ると、そこには明らかな野生の世界が広がっています。人間化されない野生が意気込むこともなく、当たり前に、人間の加工をものともせずに、己を展開しています。紛れもない実在です。
 それに気付かない人間の欠陥が人間を蝕んでいる、そのことがもう無視できない、というか、痛く感じられてきたのではないでしょうか。このことと、人間の、社会の劣化には深いかかわりがあると思っています。


     打ち水の路地に己が丸き影
次郎子蛇を捕まえる
 今朝の散歩で、次郎が突然、道端の草むらに覆いかぶさるように、ジャンプして、伏せました。ひどく引っ張られたので、肩を痛めました。が、それよりも驚いたのは、次郎の口からぶら下がる蛇でした。子蛇は死んだように動きません。口から舌を出しているんですね。噛み付こうとすれば出来そうなのですが、そうもしません。圧倒的な暴力に戦う気力を奪われてしまっているようでした。
 「次郎捨てな、捨てなさい、捨てろ」といってももちろんそうはしません。いつもよりも誇らしげに、胸を張って歩いています。しかし、あごが疲れたのでしょうか、蛇を地面に。チャンスとばかり、強くリードを引いて引き放しました。蛇はすばやく逃げました。死んだ振りをしていたんですね。
 先日は、ちょうど同じような子蛇が子蛙を咥えました。今日は次郎が子蛇を捕まえました。つい先ほど、朝食を済ましたばかりです。食べる気はなかったようですが、野良犬であったなら、食べたことでしょう。この罪ゆえに、命は輝くのでしょうか。
売電量うなぎのぼり、そして
 今日は良いことが重なりました。昨年の9月より太陽光発電していますが、何と5月分の売電量が975KWhで、36075円と、過去最大になりました。それも大幅です。今までのベスト昨年11月の22126円でした。6月分が楽しみです。
 もう一つ、横浜時代の卒業生 I 君から電話が入り、近くに出来た福祉作業所に友達が出来そうだという話です。反原発や辺野基地建設に反対を言う方々が集まっているそうです。I君と意見が合うのですね。彼らとの関係が順調に行くことを祈ります。その時には連絡をしてくれるようにお願いしました。そうなったら、その作業所に行きたいと思います。


    蛇の子が子蛙を飲むドキュメント      

  生まれて初めてその場に出っくわせました。次郎が農業用水からの「アギュア」と言う声に反応、一メートル下の水面を覗き込みました。すると、吼えるもので見てみると、蛙の足に食いついている蛇の図です。次郎の興奮すること。一かみ深めるたびに「アギュア」数回聞いて、立ち去ったのですが、5mもしないうちに「あぎゅあぎゅ」とんでもなく大きな呻き声が上がりました。もちろん、次郎は立ち止まり、またもとの場に戻ろうとしました。そこで、上のような句を家に還り作りました。それなりに私も「ウぎゃウ」と言うところです。



     草も木も光に太る青嵐

     野苺のように実を成す庭いちご
おじさんのコスプレ春の黄色旗
 「おじさんのコスプレ春の黄色旗」これが何を言っているのか、すぐに情景が浮かび、理解できる方が多ければ、少しは、私の川柳の腕も上がったというものです。ノートに書き留めだして5年にもなりました。速いものです。
 実は、私、再び、交通安全協会に町会から派遣されることになりました。早速、今日朝9時から、春も交通安全週間発動式に参加しました。当然、警察官の制服に帽子を被りました。これが相変わらず、似合わないのです。それは私だけでなく、他の方々にも多かれ少なかれ言えることで「これはかっこいい」といえる方は希の部類です。そこで、自嘲的に作った川柳を表題にしました。


     天と地と平和も揺らぐおもてなし

     万緑やブロッコリーのような森
イタリアンレストラン『エストエスト』千客万来
 新装開店後、エストエストは相変わらず、盛況です。あまりの忙しさに、このところ、店のスタッフとゆっくり話が出来ない状態が続いています ご主人の体力が心配なほどです。客が来ないことの方が深刻ですが、世の中、悩みは尽きないというところです。
 575が不調な時に、エストエスとに行くと幾つかできるんです。そこで、昨夜も行きました。パスタボロネーゼにエストセットを注文。野菜サラダに前菜はジャガイモのキッシュ、鴨肉のスモーク、蛍烏賊の何とか。デザートは抹茶のテラミス、そしてホットテイー。美味しくいただきました。
 かしましいおばちゃん(といっても私よりも少し年下のよう)の妨害にも屈せず、何とか二句が浮かびました。


     おおぴっらに元気で無職言えぬもの

     テーブルの影印と押す立夏かな
 
集団的自衛権と統帥権
「戦前に似てきている」という声を聞きます。なるほど1930(昭和5)年に、集団的自衛権と似た事例があります。ロンドン軍縮条約に調印した浜口雄幸内閣を海軍などが攻撃した「統帥権干犯」事件です。
 「統帥権」とは軍隊の作戦・用兵権のことで、憲法11条で天皇大権と定められ、陸海軍の参謀本部・軍令部が補佐することになっていました。しかし、海軍軍縮条約は米英日の軍艦保有量比を定めた約束です。このような装備編成も天皇大権で、これは「内閣が補佐する」と憲法12条にありますから「統帥権干犯」ではなかったのです。
 つまり、反対派は統帥権の「拡大解釈」をしたのです。編成権12条を統帥権11条に含める「憲法違反」を行ったのです。結果、浜口は狙撃され、内閣は総辞職します。これ以降、軍部は統帥権を盾に、軍事問題に対する介入を拒否し、政府の統制を離れます。
 同じように、集団的自衛権行使の閣議決定」そして「安保関連法案」は安倍内閣による「拡大解釈」であり「憲法違反」の疑い濃厚です。内閣の判断で軍隊を世界中に派兵でき、友国の戦争に加担もする。これでは、九条平和主義の否定です。加えて問題なのは、これらの法案が成立すれば、憲法改正発議を国民が否決した場合でも、集団的自衛権行使、海外派兵ができることです。
現実に合わせて理想を捨てるのではなく、理想に向けて現実を変える努力に価値を認めるならば、現九条は手放せないのです。「戦前に似てきている」は気のせいではありません。「安倍出でて戦後は終わり戦前に」市民力を合わせ、安保関連法案を葬らねばいけません。

憲法改定賛成が反対を上回る
 昨日の東京新聞に、共同通信社先月29と30日に行った世論調査の結果が載っていました。何と、憲法改正賛成が46,7%、反対が42,3%です。しかし、新ガイドライン反対47,9%で賛成35,5%でした。
 これをどう理解したらよいのでしょうか。憲法改正は九条と言うわけでなく、改正一般と理解されたのでしょうか。ならば理解できます。が、九条改正ならば、ガイドラインとの整合性がありません。新ガイドライン反対なら、九条改定も反対でないとおかしいからです。
 世論調査がどうあれ、『戦争に行かないぞ』宣言とバッジ販売に力を入れるしかありません。銀座の街を歩いたら、あちらにもこちらのもSIZバッジを付けている人とすれ違う、そんな光景を夢見て頑張ります。


     国民の希望を聞かぬホープとは

     同盟は戦のために組むもので

     日独伊同盟の後来たものは

     里山にコーデイネートの名ヒント




     付いて来る水田の月にこんばんは
メーデーに行く
 今日は、メーデー、千葉中央公園に行ってきました。ここでも、まず、気付くのは高齢化でした。懐かしい仲間との同窓会のような会話があちらこちらで聞かれました。
 参加の第一の目的はもちろん、SIZバッジの販売です。今日は売り上げ7100円、目標に達しませんでした。セールスマンの苦労が察せられます。
002 - コピー 003 - コピー
004 - コピー 005 - コピー
 S I Z日の丸、結構好評でした。天気は最高、初夏の太陽と風が心地よかったです。